2019年05月24日

ぶぶふぉと…佐世保

 
さすがに、タヌキには見えないよね。
 
※佐世保子ども劇場さんの例会場にて
  このパーツで狸に扮し、上演中のお約束
posted by むすび座メンバー at 00:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月22日

ウサジイの公演日記#757

桑名市の幼稚園公演。おさんぽ劇場のお得意先なので、昨年会った子たちが「カレーとか観た!」「赤ちゃんとクマがお相撲した」などと思い出してくれる。(カミナリカレーとももんちゃん)
撤収後、園の給食をいただく。もちろん、子ども達と相席で。・・・例によって、同時多発的に質問がやって来て、かなり大変な状況。あちこちから「ドングリおじさん!」の声がかかる。散髪したての(わずかな)髪が、ドングリの帽子のように見えるらしい。まぁ、親近感があるってことで良しとしよう。
そんな中、先生がオカワリ配布を始める。「ナムルほしい人!」…そうか、この御浸しはナムルだったんだ、と理解し「ナムルって韓国の料理なんだよ」と同席者に説明。すると「じゃ、唐揚げはどこ?」(これも当日のメニューでした)いきなりの反撃に「チョット判らないなぁ」その子は「中国!」…なるほど中華料理屋にはあるからねぇ。続けて「じゃ、ラーメンは?」「あれは、本当は日本だと思うよ」「ブー、中国!」…ま、そう思うでしょう。更に「ビールは?」「う〜ん、ドイツかなぁ」・・・しばらくの沈黙の後、「ガイコクです!」おそらく彼の中には、そういった国名、又は地域名があるのでしょう。ジイも子どもの頃には、随分と変な世界図を描いてましたから。
posted by むすび座メンバー at 20:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月04日

ぶぶふぉと…大府

 
大型連休終盤、「ももんちゃん」の公演。
会場の出窓に作られたショーウィンドウで日光浴。
 
※愛知県大府市の「allobu」にて
posted by むすび座メンバー at 18:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月24日

ぶぶふぉと…ひまわりホール

 
慕われてる感が、チョット嬉しい。
 
※愛知人形劇センターpresentsパペットパークにて
posted by むすび座メンバー at 14:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月18日

ぶぶふぉと…佐多岬

 
このトップ(裸)が違和感ない気候です。
 
※佐多岬付近のガジュマル・菜の花をあしらって
posted by むすび座メンバー at 18:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウサジイの公演日記#756

【鹿児島祭典】G またまた、鹿児島市内に帰って、、、
小学生の頃、ランドセルを背負ったままお辞儀をして、その時にフタのロックがかかっておらず、中身をぶちまけてしまった経験はありませんか?それを目撃!・・・ある会場で今後の企画アピールのために、ランドセルのフタ裏側に文字を書き、背負った子がお辞儀をするとそれが見える。なかなか考えられた、目を引く方法。練習は滞りなく、さていよいよ本番。ジイ達の終演後に登場。ところがその子、練習後に水筒やら文具やらをランドセルに入れていた。習慣なので責められませんが、結果はご想像通り。会場は爆笑!すっかりモッテカレマシタ。
別の会場では、何度も観に来た女の子。「ヤンチャ」はいつものように楽しんでる。ところが「コンポン」が始まってしばらくすると、入口の方に移動して、どうやら外に出ようとしている。何か用事でもあるのかなぁ?と思いながら終演。しばらくすると、その子が近づいてくる。手には花の輪を持って。聞くと、コンが作る椿の首飾りを真似て、野草の花を摘んで作ったという。彼女にとっては、その方が大切だったんでしょう。ジイが手に取ると不満そう、コン役のCちゃんに渡すと納得してました。
posted by むすび座メンバー at 09:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月16日

ウサジイの公演日記#755

【鹿児島祭典】F
合併で南九州市となった川辺町。仏壇の生産が全国シェア30%なんです。二ヶ所の保育園と小学校下校で宣伝。園では大歓迎された人形(宣伝用)でしたが、握手する子ども達の手は泥んこ遊びの跡がアリアリ・・・。しかし、その効果あってか(?)当日券が30も出た!
子ども劇場のない地域だが、県協議会の方が通っての実行委員会。子ども達を巻き込んで、遊び会をしたりしていたらしい。開演前にはその子達のパフォーマンスがあったし、子ども達が自主的に来場者へのプレゼント=折紙のサンタを作ってくれた。
開演。登場しただけで、子ども達が爆笑。思わずジイ達も顔がほころびます。「ヤンチャ」冒頭の「ブー」でゲスト出演してくれたのは、なんと市の教育長!見事な演技でした。その他にも、議員さんが数名来場されていたという。地元の協力者が、子ども劇場名で議員ポストに手紙を入れてくれたのです。いろんな方々の力の集約が大きな力となりました。
posted by むすび座メンバー at 22:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月14日

ウサジイの公演日記#754

【鹿児島祭典】E
鹿児島市内に帰って数公演。東気味の風におののいたり(=桜島の灰がこちらにやって来る)、雨の日には校庭の灰混じりの泥に参ったり(=粒子が細かく繊維に入る)・・・。
あるステージ。開演直前、客席後方を走り回る男の子・5歳位。取り分け声をあげるわけでもないので、子ども劇場の役員さんが対応、危なくない範囲で自由にしてもらう。開演してしばらくの後、その子がお母さんの膝に座って観ている。「ヤンチャ」のロボットや「コンポン」の嵐の場面など、激しい表現にはとてもはしゃいでくれる。後で聞くと、今までは直ぐに泣いてしまい、こんなにちゃんと観ることはできなかった。笑う我が子に、お母さんが感動していたという。・・・こちらが感動する話でした。
別のステージ。開場して直ぐ出会った女の子・5〜6才(?)。ジイの方に真っ直ぐやって来て「また会ったね!」・・・?。「前にも観てくれたのかな?」と問うが、それには答えず、なんだか嬉しそうにしている。上演後、おさんぽ劇場相方のCちゃんが教えてくれた。その子が「あの人、大きな団扇のオジさんだよ」と友人にふれ回っていたと。ウチワ?・・・あぁ、それは劇団風の子九州のSさんです。並んでみると、かなり違うんですがねぇ。
またまた別のステージ。「ヤンチャ」最後のコーナー「ジュース」。バネおじさんのスパゲティーを食べてしまったマンマルちゃんに、3歳くらいの女の子が諭してくれた。「あ、食べちゃった」「(おじさんが)かわいそう」「ゴメンねって言うの!」・・・相当、お話に入り込んでいたんですね。君の忠告を聞かなくてゴメンナサイ。
posted by むすび座メンバー at 09:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月12日

ぶぶふぉと…鹿児島++

 
またまた、ピンク仲間発見!春は良いよね。
 
※慈眼寺公園にて(ミツバツツジ)
posted by むすび座メンバー at 00:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月10日

ウサジイの公演日記#753

【鹿児島祭典】D ……県協議会主催・続き
マグロの街・串木野 …当地には、北隣・川内子ども劇場の会員さんが2家族。その母2人が活躍して、何と100人超えの集客!当の本人は「コース開始の10日前は28人。困っていたら、周りの方々が動いてくれて……」いやいや、それが一番。一人で頑張るんじゃなくて、周りを動かす(動いてくれる)方がずっと良い。 …その、2家族の子ども達も大活躍。看板作り、モギリ、開演時の注意事項告知、終演時プレゼント係をすべてやり遂げる。モギリに関しては、前日まで何度もシミュレーションしていたらしい。因みに6歳男の子は、前日超早く寝て、5時前には起き、そのまま会場入りする気満々だったと言う。その前に保育園があったんですが。
県北部、山あいの街・さつま町 …会場となる地域が1ヶ月前に変更。そのため、1週間前には「う〜ん、5人は読めてるんだけど…」当然、当日は保育園・学童に宣伝。小学校は遠足だったので、その帰途を狙い、子ども達の列に並走する宣伝車。 …結局、40人弱の集客。けれど、子ども達の反応は特A!ブーには「充電切れた」ロボットでは「あぶない!」等々。事後交流会では「タヌキのお母さん、可愛い!」初めてのお言葉を頂きました。 …会場変更で、集客は困難。けれど、それによって新しい繋がりができました。地元の先生や祭りの主催者。祭典に理解を持つ方が、来年からの力になりそうです。
posted by むすび座メンバー at 21:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする