2017年02月15日

ぶぶふぉと…奄美大島+

posted by むすび座メンバー at 09:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

ウサジイの公演日記#661

鹿児島県子ども芸術祭典D・・・島の道路交通事情
信号も少ないし交通量も多くない。のでビュンビュンとばすと思いきや、意外とスピードは出さない。そして駐車車両や歩行者の避け方が、極めて大きい。対向車がいない場合は、ほぼ反対車線を走行。優しさはまだある…市街地の一通で停車し、荷物を積み込む軽自動車。作業するお年寄りは俊敏には動けない。当然後ろに車列ができるが、誰からも文句は出ない。そんな中、唯一暴走する奴。この時期はキビ刈りの最盛期で、サトウキビを精糖会社へと運ぶ大型トラックだけはかなり速い。
路肩に珍しい看板を見つける。スピードの出し過ぎを警告しているのだが、その理由・・・ひとつは「アマミノクロウサギ」……なるほど気をつけよう。もうひとつが「トレーニング中の牛」闘牛が盛んな徳之島ならではの警告。……もし居れば、こちらが損傷するに違いないのだが。
あるステージでのこと。会場となる施設には駐車スペースが少ない。近くに大きな施設があるので「あちらに停めて来るのなら、開演時刻は押すかもしれませんね?」すると「その辺りに停めるから大丈夫です」・・・そんなことはなかったようですが。
フェリー乗船のために並んでいると、後ろの大型トラック横に軽自動車が停まる。トラックの運転手が降りてきて、大きなビニール袋を受け取る。大きめの柑橘類が20個程も入っているだろうか。それを10数個、助手席に運び上げる。運送会社の車だが、どうやら個人的に知人の依頼を受けているらしい。助け合いの精神です。
posted by むすび座メンバー at 22:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

ぶぶふぉと…奄美大島

2017021314430000.jpg

「海のバカヤロー」って言ってゴメン・・・と謝るボク。

※奄美市笠利町の、あやまる岬にて
…「あやまる」は「綾の毬」の意
posted by むすび座メンバー at 20:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

ウサジイの公演日記#660

鹿児島県子ども芸術祭典C
鹿児島県最南端・与論島のステージ。若い力の活躍で、一周20kmの島から150名もの方が集まった。・・・のですが、実は・・・
前日、沖永良部2日目朝、フェリー会社から電話が入る。「沖永良部と与論は条件付きとなりました」つまり…ここに寄港しないかもしれない、乗れても与論に寄らないかもしれない、ということです。鹿児島を出港しても、港湾の条件により寄港が危険と判断されれば「抜港」となるのです。子ども劇場県協議会に連絡すると、「来たら乗る」との方針が決まる。明日を心配しながらも、その日のステージは楽しくすごし、翌日。
依然、風雨は強い。島のフェリー会社代理店に状況を聞きに行く。とりあえず入港地は変更なし。(風の向きにより波の高さが違うので、大抵島の反対側にも予備の港がある)埠頭で待っていると、予定時刻に遅れながらも、船影が見えてホッと一息。着岸すると、遅れているためコンテナの積み降ろしが大忙しで行われる。ここからの乗船車両はジイ達の車のみ。大型フォークリフトが行き交う間を、すり抜けるように乗船。後は、与論抜港なしを祈るばかり。……そうなったら沖縄で一泊して、同じ船で帰ることになる。公演日程も大混乱。
大揺れのフェリー。(何十年か前の対馬よりマシかなぁ)などと思いながら過ごすこと2時間。与論島が見え、真っ直ぐに近づいて行く。…(良かった!)…そして下船。これも大忙し。着岸前に下船口に誘導され、着岸とともに入ってくる作業員とすれ違いながらの下船。
一安心・・・ところが、明日の上り(鹿児島行き)の欠航が決まっている。荒天のためです。事務所で聞くと辛うじて、「今の船が沖縄で待機し、明後日に上るかもしれない」との情報。島の方からは「琉球エキスプレスの日だから、ヒョットしたら乗れるかも」と次善の案も聞く。これは夕方に出て名瀬が深夜3時の便、車が乗れるかは不明だという。まぁ、そうなった時にお願いするしかない。てな感じで、冒頭の「150人!」となるのでした。
翌日・欠航の日は、ステージ責任者のKさんの案内で島内観光。勤め先であるこども園の園長先生や、祭典に多額の寄付をしてくださる社長さんにもお会いし、島ならではの貴重なお話をうかがえました。その途中にフェリー会社から「明日の上り便アリ」の一報が入る。しかして翌日、代理店でチケットの変更手続きをし港へ。入港予定時刻になって、ようやく沖縄本島の向こうに小さな船影が見え始める。30分遅れ。
与論から名瀬は、約8時間。もちろん大揺れのフェリー。椅子に座っていると、左右の水平線が窓の中を上下する。船室で横になっていると、「グィー、ドーン」「キィーッ、ギギギ」の音とともに、G=重力の変化が体に伝わる。船が上下しているんですね。結局、名瀬上陸は0時50分。・・・なのに、お迎えの皆さんがいました!ありがとう!・・・宿に着くと、即ZZZZ、、、。
posted by むすび座メンバー at 18:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トートゥガナシー

ども、つかつんです。
天国に近い島ヨロン島での公演は、日本列島を襲った寒波の影響で、最悪の天候。冷たい風がビュービュー吹き荒れる夜、地域の公民館で行われました。
さとうきびの収穫時期であったり、インフルエンザも流行っていたりで集客を心配していましたが、150人くらいのお客さんが集まってくれました。
公演の担当は保育士さんや役場の職員さんなど、若い方々。青年団のお兄さん達も協力してくれました。
 
翌日次の島へ移動予定でしたが、悪天候のため船が欠航。一日余分にヨロン島で過ごしましたが、公演のスタッフさんが島内を案内してくださいました。
 
スタッフの皆さん、見に来てくださった皆さん、島で出会った素敵なおじさん、おばさん、おばあちゃん、そして子ども達、トートゥガナシー(ありがとう)
posted by むすび座メンバー at 09:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

ぶぶふぉと…与論

2017021111050000.jpg

ボクの場合、ラードってこと?

※与論民族村で現役の「砂糖黍の搾汁械」
posted by むすび座メンバー at 17:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

焼酎のラベルはコンポン(*_*)

ども、つかつんです。沖永良部島にやってきました。あの鹿児島の英雄、西郷さんが流刑になった場所で、牢に入り痩せてしまった西郷さんの像がありました。(写真)
 さて、この島では2地域での上演です。
どちらの会場もお客さん何人くるかな…とスタッフさんが心配してらっしゃいましたが160人くらい集まってくださり、嬉しい悲鳴が聞こえてきました。
元気な子ども達がお芝居仕立ての司会をしてくれました。
子ども達の笑い声と大人のニコニコ顔が印象的な公演でした。
 
posted by むすび座メンバー at 10:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぶぶふぉと…沖永良部

2017020811250000.jpg

このゴツゴツ感・・・
ポヨポヨ肌のボクには、魅力的だなぁ。
※知名町・ウジジ浜にて
posted by むすび座メンバー at 10:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

ウサジイの公演日記#659

鹿児島県子ども芸術祭典B
沖永良部島では2会場。今は子ども劇場組織はなくなっているが、お母さん方を中心に「ゆりぬしま子どもシアター」として祭典成功に奮闘している。団体の名称の由来は「百合の島」…島の特産物が百合なのです。
島に着いた日、夕方の公演前に北部を見てまわる。空港にほど近い所にある国頭小学校。その校庭に、日本一と云われるガジュマルがある。百十数年前の開校時から、子ども達を見守ってきたという巨木です。観光施設ではなく、職員室にご挨拶をしてから拝見していると・・・休み時間の子ども達がやって来て「アッ、こぎつねの人達だ!」付近に掲示されているポスターの写真を覚えていたらしい。持っていた子豚の人形を見せると「おー、カワイイ!」・・・これが女子ではなく、4年生男子。島の子は純粋です。
さて公演…入場システムが素晴らしい。30分前受付開始、廊下や前室に待機、15分前に年少者からの入場。会場整理がとても楽にできました。それから、司会もなかなかのモノ。子ども達が、芝居仕立てで進行します。「むすび座って、どこにあるか知ってる?」「知ってるよ。おむすび山でしょ!」「違う違う、名古屋市だよ」「へー、勉強になるなぁ」・・・会場は爆笑、ジイ達(ククク……)
そんなステージの一コマ、後から聞いた話。・・・開演前に観劇時のオヤクソクをします、「立たない!」。途中でお母さんの元へ行きたくなった子。やむなくとった行動が、ソロリソロリと這って移動でした。
公演後の夕食交流会に遅れて来たお母さん。「うちの子が、ずっとヤンチャメッチャブーって歌ってるんです。で、歌いながら寝ました」・・・嬉しい報告に、早速乾杯!
posted by むすび座メンバー at 15:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おぼらだれんm(__)m

ども、つかつんです。
2月だというのも忘れそうになるほど温かい徳之島。公演は4つの地域で行われました。
一つの島の中でもこんなに地域性があるんだと感じるほど、各会場それぞれに反応が違い楽しかったです。 
ラストステージの夜はスタッフの皆さんと楽しいうちあげもありました。
島を出発する時には「おぼらだれん(訳:ありがとう)」の幕を持って見送りに来て下さいました。
 
こちらこそ、徳之島で公演できて「おぼらだれん」
posted by むすび座メンバー at 12:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする