2018年05月15日

ぶぶふぉと…鹿屋

 
人生っていうのか判らないけど、
ボクの場合、そこそこ自由かな?
 
※レストラン森小休(しんこきゅう)にて
母体の「えこふぁーむ」はいろんな事をやってます。 ぜひ検索を。
posted by むすび座メンバー at 15:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウサジイの公演日記#705

【鹿児島祭典@】
おさんぽ劇場は、2〜3月に引続き、鹿児島県子ども芸術祭典の5月コースに来ています。今回は、大隅半島と伊佐市、そして甑島と種子島。南の熱い太陽の下を走り回ることになりそうです。まずは、鹿屋市での6ステージ。小学校の体育館、地域の公民館的施設、保育園と会場は様々。学童保育や保育園の集団観劇もあったりで、ステージ毎に違う雰囲気で面白い。見慣れている小学生は落ち着いているが、前列の幼児グループの反応が楽しい。
「コンポン」中盤・嵐で倒木が流れ、橋ができる場面。できた途端に「あ、橋ができた!あ〜、ヨカッタ!」前列の男の子・3歳の声です。その時、ポンを手にしたジイは、一瞬登場を躊躇。なんだか、彼の台詞の余韻に浸りたくて。あの子は、最初からコンとポンの事を気に掛けてくれていたんだね。
その橋を渡って2人が出会う場面。会場のアチコチから「お尻ペンペンだよ・・・」。キツネ家の父母の発言を覚えていて、忠告してくれる。中には、万一露見した場合の対応策を話し合う子たちもいたらしい。(会場スタッフのお母さんの言)
橋上の二人の所に、キツネ母の声が聞こえてくる頃から心配顔の女の子。化けっこがバレてサヨナラをする辺りで、とうとう泣き出してしまう。でも、最後に両家が和解すると泣き止みました。(何とかしたいジイたちは、少々芝居のテンポを速めにすることになりましたが、、、)

posted by むすび座メンバー at 15:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月27日

ぶぶふぉと…むすび座

 
ボクにも旬があったよなぁ。
 
※今年もサクランボがなりました。
posted by むすび座メンバー at 13:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月27日

ぶぶふぉと…鹿屋

パステルカラー‥‥大隅の春です。
posted by むすび座メンバー at 20:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月20日

ウサジイの公演日記#704

【鹿児島祭典G】
◇おさんぽ劇場には「ウェルカム人形」なる者がいる。開演前に飾ってあったり、出現したりしてお客さんを迎える役割を担う。「ヤンチャ&コンポン」では、松ぼっくり三兄弟。本物の松ぼっくりに眼と脚を付けたモノ。慣れない会場に緊張気味の子にとっては、安心の糸口となってくれるのだが・・・思いがけず大盛り上がりになることもしばしばで・・・交流会で「小さい変なのが一番面白かった!」と、意外な評価を頂くことも。先日は勝手に名付けられてしまった。「おーい、ポッキー!」「コッキー、出ておいでー!」
◇「ヤンチャ」の最後のカードは、立ち姿&お辞儀。対応して出てくるモノがハーモニカ。(観てないと解りにくいんですが)これらから終演の礼が連想され、実際にハーモニカの伴奏で礼をして去るのだが・・・あるステージ、カードの絵に注目が集まり・・・「背を伸ばしてる」「折り曲げだ」などの声が錯綜した挙句、舞台上のジイ達と同時に、ほとんどの子たちが礼をしてくれた。いや、実に礼儀正しい子ども達でした。
◇上演の数日後に、ステージ後の子ども達の行動を聞く機会があった・・・⚫︎帰りの車中で「ヤンチャメッチャブー♬」の大合唱。⚫︎帰宅後、指人形を作り、兄弟でコンポンごっこが始まった。⚫︎子どものリクエストに応えてスパゲティーを作った。(ヤンチャの中にパスタを食す場面があるのです)⚫︎登場人物の口癖「マンマ!」が流行っている。
posted by むすび座メンバー at 10:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月18日

ぶぶふぉと…霧島

 
ずいぶんスリムに見えちゃうなぁ。
コブタとしては不本意ですが・・・
 
※霧島高原まほろばの里にて
posted by むすび座メンバー at 17:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月16日

ウサジイの公演日記#703 ウサジイの公演日記#703

【鹿児島祭典F】
観ていただいた方々との交流会・・・午前のステージ後に、一品持ち寄りで昼食交流会。舞台の撤収後に、実行委員の感想を聞く交流会。そして、公演直後に人形や道具の説明をするパターンもある。お急ぎでない方はお残りください、っていう形で始まるのだが・・・
あるステージでのこと。子ども達が殆ど去ってしまった。これでは成立しないかな?と思っていたら、やがて三々五々帰ってくる。ボンタンアメを貰ってきたのだ。祭典にはセイカ食品というメーカーが協賛していて、子どもに限り一箱貰える。地元の懐かしい味を伝えたいという企業の想いです。先にゲットしておかないと心配だったのかな?
一人で来た子は、終演時に親に連絡するよう言われている。交流会に参加したいが、携帯電話を持って来ていない。そこで会場整理係の青年に「ねぇ、お母さんにラインしたいんだけど」 言われた彼は(えっ?オレ知らねえし……) 近くにいた知り合いのお母さんが連絡してくれました。
posted by むすび座メンバー at 11:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月12日

ウサジイの公演日記#702

【鹿児島祭典E】
祭典の客席の顔ぶれは、お年寄り〜乳児さんまで実に多様。高学年が多かったり、幼児が多かったり。それによってジイ達の舞台も微妙に影響され、テンポや圧が変化する。楽しいことではあるのだが、毎日がドキドキです。
あるステージ、3歳位の女の子が「ヤンチャ」を、ズーーッと立ったまま観ていた。それを咎めない周囲が嬉しかったんですが・・・そのステージでは色んなドラマがあったらしい。後から聞いた話では・・・◇「ヤンチャ」中盤ケーキの場面。スポンジ積木が成功すると、会場から「おー!」と歓声があがる。後ろの方でお母さんと共に観ていた1歳半の女の子が、それに呼応して「おー!」。お母さん曰く、判って言ってたんでしょうかねぇ? ◇大盛り上がりで、笑い声渦巻く会場。横の方でお母さんの胸に顔を埋めている1歳さん。よく見たら、舞台を観ていないのに、笑っている!会場の雰囲気に気分が高揚したんでしょうか? 〜〜〜小さな子は、それなりに観て、そのことで成長してゆくんでしょう。
〈オマケ〉劇場の役員さんの子には何度も出会う。5歳位の男の子、いつも背中に武器を背負って来る。聞くとウルトラマンのアイテムらしい。そして聞いていないのに、将来の夢はウルトラマンだと教えてくれる。更に「でも、まずは空手……じゃなくてカンフーを習う。その方が良いと思うんだ」その計画に感心して、ジイ「うん、その方が良いね」
posted by むすび座メンバー at 12:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月10日

ぶぶふぉと…鹿児島市+++

 
三角関係?いえいえ、ボクは先輩。
 
※ぶうぶ君は10年程前の祭典に出演してるんですよ
posted by むすび座メンバー at 15:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月09日

ウサジイの公演日記#701

【鹿児島祭典D】
お芝居を観に来る子たちは概して元気なのだが、特別な夜の雰囲気にテンションMAXの子にもしばしば出会う。
◇「ヤンチャ」後半・ロボットの場面。段ボール箱がロボットに変身し動き出すと、会場からは歓声。それに応える相方Cちゃん。やがて、その背後にロボットが迫ると、前列の小学校低学年男子が「危ない!逃げろ!」逃げたCちゃんが小さなモノの陰に隠れると「ダメだ、そんなんじゃ見つかる!」そして「ボタンだ!ボタン押して止めろ!」・・・ありがとうね。お芝居では別の手段で対応するんですが・・・
◇「ヤンチャ」終盤・ジュースの場面。バネーさんがちょっと席を外した隙に、スパゲティーを食べだすトマちゃん。と、会場から興奮した声が「食べてるよ!ノビールさん、早く来て!」・・・でも、今、手が離せないんです。スパゲティーを引っ張ってるんで…。ところで、その名前はいつ付けたの?
妙に冷静だったり、反対に感情移入する子もいる。
◇「ヤンチャ」前半・ケーキの場面。スポンジ積木で斜め積みに挑戦すると、「できるわけないよ」ところが成功すると、ボソボソと「あれはさ…ザラザラが……だからだよ」
◇「コンポン」終盤・2人の別れの場面。コンが泣きながら去って行くと、小学4〜5年生・男子が「フ〜」とため息。すぐに我に返り、周りを見回したと言う。(後ろに居た劇場役員さんの報告)・・・少々照れくさかったんだね。
posted by むすび座メンバー at 12:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする