2018年12月14日

ぶぶふぉと…クリスマス

 
コブタがほしい子、いないかな?
 
※可児市の保育園にて
posted by むすび座メンバー at 17:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月12日

ウサジイの公演日記#379

公演活動をしていなければ通ることのないような道がある。午前が木曽川流れる恵那市で、午後は飛騨川沿いの白川町。国道を走るとそれなりに遠いが、実は隣り街。県道68号で中野方峠を越えれば、30分ほどで移動できる。もう走ることもないだろなぁ、などと思いながら山あいを抜けた。その白川町は、園児数18の小規模園。園長先生が数か所からの予算を合わせてくださり、公演が実現した。
さて上演、「ももん」では大盛り上がり。しかし「カミナリ」後半・蓄音機壊れるの場面では、子ども達は一斉に息をのむように静まる。その後は、一人ぼっちになった爺さんをポカ〜ンと観ている。(一体、何を考えているんだ?)と問いかけたいくらい。やがて雷の子が再来すると会場には笑顔が戻るのですが・・・終演時の園長先生の父兄に向けた挨拶。「二本目の話はチョット難しいかな?と思っていましたが、子ども達はずっと集中して観ていました。みんな、とっても成長したんだなぁと感じました。それから○○ちゃん。3歳になったばかりなんですけど、カミナリ坊やが落ちてきた時に拍手したんです!こんなに小さいのにちゃんと判っている。それ見たら、私嬉しくて・・・」と涙が止まらなくなりそう。・・・その話を聞いたジイも、感動した先生に感動してウルウル・・・。
posted by むすび座メンバー at 16:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月08日

ウサジイの公演日記#378

師走になり、「カミナリ」上演の合間に「コンポン」がちょくちょく入っての日々。
「ヤンチャ」の最後、これでおしまいですよ〜、と伝えるためのカードを示す。裏表で、 直立と礼の姿が描かれている。客席が意図を汲んだ頃合いを見計らい、ハーモニカ伴奏で役者は一礼して去る。拍手が起こる。・・・という訳だが、ある日、礼と共に男の子が「ゴメンナサイ!」なるほど、その様にも見える。・・・えっ、何で謝るわけ?お芝居、ダメだった?
「コンポン」前半、コンとポンの出会いの場面。川を挟んで出会い、ビックリして隠れ、そっと問いかける二人。「だれ?」・・・緊張のシーンです。コンがポンに「だれ?」すると会場から「おじさん!」たしかにポンを遣っているのはジイですが、そこはお芝居の中の設定で答えて欲しかったなぁ。
posted by むすび座メンバー at 20:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月05日

ウサジイの公演日記#737

飯田市の保育園公演、文化会館の委託で2日3st。
初日午前は、園児数10余名の小規模園。上演会場にネコの人形が並んでいる。(ぶぶふぉと参照)園をあげて「11匹のねこ」を上演したという。年少さんは魚のペープサート。年中と年長さんが、(少しだけ)縫い物も頑張ってネコを作り上げた。上演後には、飯田駅の構内にも展示されていたという。さすがは人形劇の街です。
午後の園で、仕込み後のこと。廊下で出会った男の子(4歳?)が、両手を様々な形にして見せて来る。いきなりの行動に・・・?。何度も繰り返すそれを見てるうちに、どうやら手品をしているらしい事が解る。「へぇ、すごいなぁ!」と言うと、満面の笑顔。別の手品もやってくれた。・・・が、どの辺りが手品なのか?チョット解りかねた。
二日目。公演後、クラスに入って子ども達と一緒に給食をいただく。例によって「ねぇねぇ、ぼくのにいちゃんさぁ・・・」等と話しかけられ、こちらは聖徳太子のごとく複数の会話を同時にしなければ状態。そんな中、「朝顔って、赤と白と黄色があるんだよ」ほぅ、黄色い朝顔とは珍しいなぁ、と思っていると、「だってさ、♪アカシロキイロ〜♪」・・・それはチューリップ!
posted by むすび座メンバー at 16:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月03日

ぶぶふぉと…飯田

 
12匹目のネコになりました。
 
※園の4〜5歳さんが人形劇をやったそうです。
posted by むすび座メンバー at 18:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月27日

ウサジイの公演日記#736

飯田市の保育園で、上演前の散歩。年長クラスを覗くと、男の子が3人ほど寝転んでいる。しかも、手製の広告紙製の剣をもてあそびながら、ズーーっと寝転んでいる。・・・?、何してるんだろう?と思い部屋に入り問いかけても、ゴロ〜ン。そこにすかさずやって来た女の子が「ダンシ!ダンシ!」・・・成る程、 訳すと「男子だからこんなバカな事をやっている」という事でしょうか?
東美濃・中津川市の保育園では、「カミナリ」終盤・お爺さん独りぼっちの場面。爺さんが「静かじゃなぁ」・・・彼の心情に寄り添う場面です。ところが会場から「あ〜〜〜!」何だかんだ分からないけど、とりあえず静かじゃない状況を作りたいらしい。もちろん男子です。近くにいた女の子が「やめてよ!」・・・やっぱり男子はバカです。うーん、彼は彼なりに、心が揺れたのかなぁ。
同じ園で開演前に、全員ドッチボールをしていた。年長から年少まで全員の、男女対抗戦。結果は男子大敗!詳細は書きたくありません。
posted by むすび座メンバー at 18:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月25日

ウサジイの公演日記#735

「ももんちゃん」で・・・
カエルが跳ねる季節になりました。と言うと、おかしな感じですが……蛙の景で、2歳さんが蛙の真似をするんです。ピョンピョンと。去年の今頃もそうでした。ということは、発達的にそんな月齢だっていうことでしょうか?
橋を渡る景で聞こえてきたのは、「慎重にね!」という女の子の声。とっても冷静な言葉に、ももん役のジイは(はい、そうします!)でもやっぱり、橋から落ちるんですけど。
ももんちゃんは最後にお母さんに飛びつきます。お芝居では、セリフはありません。けれども会場からセリフがつけられました。飛びついた瞬間に「ヒサシブリ〜!」・・・ずーっと走ってきたももんの気持ちを代弁してくれました。気持ちの入った、良いセリフでした。
上演後バラしていると、不意に会場に戻ってきた男の子。「ゴホンハ?」・・?・・あぁ、絵本のことね。上演会場入り口に展示してあった絵本を、見たくなったらしい。もちろん貸してあげましたけれど、よく覚えていたものです。そして、もう一度読みたくなったのもスゴイ。
posted by むすび座メンバー at 19:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月21日

ぶぶふぉと…紅葉

 
秋です。真っ赤に色付く季節です。
ボクの場合、ピンクが限界です。
 
※瀬戸市北端・定光寺にて
posted by むすび座メンバー at 18:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月20日

ウサジイの公演日記#734

宮城から帰って「カミナリ」の中、「コンポン」が数日続く。
@公演活動にとって、事故渋滞は天敵です。気候による遅延と違い、予測ができない。ある朝、高速道路走行中、後ろから緊急車両がサイレンを鳴らして近づく。道を譲ってしばらくの後、不意に渋滞が発生。事故か!?・・・しかし、ノロノロ進む。然して事故は反対車線、事故見渋滞でした。この日は同じ事がもう一度。そんな日もあるんですねぇ。
@公演後、年長クラスが記念撮影。終わって皆が帰ろうとする中、一人舞台に近づく男の子。「お願い!いっぺんだけ、ニオイ」・・・「?、なに?」「足のニオイ」と言いながら、狐のお母さんに近づく。見ていると、人形の足の裏に鼻を近づけ、納得した模様。いわゆるフェチではないのだろうが、何か最近、足裏に興味深いことがあったのであろうか。彼はそのまま、コメントなしで帰っていった。
@「コンポン」中盤、橋の両端で二人が出逢う場面。お互いに「おーい!」と呼び合う。すると会場後方からも「おーい!」と声がする。目を向けると、2歳くらいの子が二人ほど立ち上がり、こちらに向かって声を上げている。この「おーい!」、何度か繰り返すので、その度にアッチからも声が掛かる。そちらに返さなくてゴメンね。
posted by むすび座メンバー at 17:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月13日

ウサジイの公演日記#733

【宮城ツアーあれこれ】D
会場は仙台市の中心部、なんと三越の入ってるビルの6階。子どもおやこ劇場の会員さんと、券売りでいらっしゃった方々に向けてのステージ。「ももんちゃん」の作者が宮城県出身だということもあってか、予想以上の集客だった(との事です)。
公演後、主催者から興味深い話を聞きました。開演してしばらくの後、会場外に逃亡した子。お母さんが放って置いたら、帰ってきて最後の部分はチャンと観ていた。もう一人…観たくなくなったお孫さんの意を汲んで、「また来ようね」と言いながら帰っていったおばあちゃん。どちらも、なかなかできることではない。
来た子全員が、観たくて来たとは限らない。観たくて来ても、その気持ちが継続するとは限らない。・・・その時その瞬間、観るか否かは本人の自由。無理強いすると、お芝居が嫌いになることだってある。だから、チケット代がもったいないという気持ちはわかるけれど、子どもの意思も尊重して欲しいなぁ。
posted by むすび座メンバー at 09:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月12日

ぶぶふぉと…仙台+

 
「さすがに夜風が身にしみるなぁ」
そりゃ君、上半身裸はダメでしょ、11月だよ!
 
※夜の仙台・一番街
posted by むすび座メンバー at 08:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月11日

ウサジイの公演日記#732

【宮城ツアーあれこれ】C
・「カミナリ」終盤、雷の子が帰って独りぼっちの爺さん。所在ない爺さんに、会場から「ねぇ、お婆さんは?」……声が伝染して、アチコチから「お婆さんは?いないの?」爺さんとしては答える訳にはゆかないが、孤独を心配してくれる子たちには感謝でした。(なお、爺さんに家族はあったようですが、詳しいことは判っていません)
・お芝居が終わり、「皆さん、ありがとうございました」すると会場から、「あぁ、おいしかった!」・・・?。最後にカレーを食べる景があるので、そんな言葉になってしまったのか?イエイエ、演劇が心の栄養になるのなら、こんな表現もアリですよね。(な〜んちゃって)
・岩沼市の劇場公演での話。真っ先にアンケート用紙を手にして、会場のスタッフの所に来た子の話。手にした用紙には「ももんちゃん」とだけ書かれている。彼はその先、「可愛かった」を書きたくて、しかし書けなくて助けを求めたらしい。前半が書けたのは、用紙の上部に本日の演目が印刷してあったため。因みに彼は5歳、いつもは落ち着いて観られない子だというのですが、、、。嬉しい話です。
posted by むすび座メンバー at 21:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月10日

ウサジイの公演日記#731

【宮城ツアーあれこれ】B・・・「カミナリ」あれこれ
・冒頭、爺さん登場の場面。蓄音機を抱えて立ち止まり、何気なく咳払いをすると、客席がドッとわく。笑う気満々の子ども達にとっては、何でもかんでも笑いの元になる。試しにもう一回咳払い。またしても笑いの渦。締まりのないジイ(遣い手の)としては、3回4回と繰り返してしまいました。
・カレーを知らない雷の子に、爺さんが教える。「カレーは、世界で一番ウマイ食べ物じゃ」すると会場中程から「へぇ、そうなんだ!」……爺さんとしては自身の好みとして言ったわけであるが、彼は普遍的な真理として受け取ったらしい。今回の件が彼の今後の食生活を決定したとしたら、少々後ろめたい気分。
・終演後、舞台に飾った人形達に興味津々の子たち。カレー鍋の中身も気になり、しばしば「ねぇ、中見せてよ〜」空の鍋を見せることもあるが……カレーをすくい、レードルで子ども達の上にかけるマネをする。すると全員が口を開けて、落ちてくる(であろう)ルーを食べる(マネをする)。何度も何度も。巣立ち前の鳥の子状態でした。
posted by むすび座メンバー at 19:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月08日

ウサジイの公演日記#730

【宮城ツアーあれこれ】A
「カミナリ」では、爺さんが自慢のカレーを作る。鬼の子に食べさせると、その辛さに大騒動。しかしその子が去った後、寂しさがつのり、呼び寄せるために再度カレーを作る。けれどすぐには来ない。・・・という状況で、「お爺さん、食べたら?」の声があちこちから聞こえてくる。(…う、嬉しいなぁ)結局、鬼の子が来て、また食べさせるのだが・・・子どもたちにとっては、食べてない爺さんが気になって仕方がなかったようだ。
終演後ステージをバラしていると、年中さんがやって来る。その手には、プラ容器に毛糸やらフェルトやらが盛り付けられていて「お爺さん、カレー!」・・・なんとかして爺さんにも食べて貰いたかったようだ。既に梱包してあった人形を出して「おー、カレーか!こりゃ美味い!」すると、次々と手作りカレーがやってくる。嬉しくて涙が出そうだが、爺さん人形は保育室に向かって「美味かった。ご馳走さま!」・・・早く撤収しないと!給食の準備が始まるから。君たちが食べる番だから。
posted by むすび座メンバー at 06:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月07日

ぶぶふぉと…仙台

 
「婆さんや、変なモノが網にかかったよ」
「爺さん、豚じぁありませんか!高く売れますよ」
 
※鐘崎笹かま館にて
  (笹蒲鉾工場併設の施設)
posted by むすび座メンバー at 06:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月06日

ウサジイの公演日記#729

【宮城ツアーあれこれ】@
・観終わって退場時。ハイタッチで帰って行く子たちの中に、感想を述べてくれる男の子「充分、面白かったよ」・・・何となく違和感があるが、「ありがとう!」…う〜ん、とても面白かった、と言いたかったことにしておこう。
・仕込み時に、具合が悪いといって職員室付近にいた女の子。熱があるらしい。しかし観たい、先生も観せたい。彼女の前に円形ポリ製のゴミ箱?が置かれての観劇。いざという時に、ゲーする為か?終演後、ハイタッチをする仲間を羨ましそうに見ている。先生に促されてやって来て、パチン!笑顔が出ました。
・「オーマイガー!」=「カミナリ」後半、辛いカレーを食べたゴロちゃんが、雷を発して爺さんの大切なモノを破壊してしまった時のこと。客席後方から聞こえてきた発言です。いえ、純日本人の女の子の発言。彼女の宗旨は知りませんが、しっくりした言葉だったんでしょう。
posted by むすび座メンバー at 16:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月04日

ぶぶふぉと…東北道

 
「さぁ、行こうか」
「シュワ!」
「ねぇ、もっと笑顔で」
「シュ・・・・シュン」
 
※安達太良SAにて
posted by むすび座メンバー at 19:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月02日

ウサジイの公演日記#728

市内…というか、劇団のある緑区の保育園公演。やや狭めの公演会場のため、舞台の奥行を50cm程カットする。おさんぽ劇場は二人編成ゆえ、役者が交錯する頻度は少ない。とはいえ何度かは狭くなった部分で入れ違うので、開演前にチェックは欠かせない。意外な盲点に引っかかってアタフタすることになりかねない。さて、上演は(窮屈な動作もありましたが)滞りなく終了。ジイたちがお礼を述べて、司会の先生にタッチ交代。先生「今日は二つもお話を見せてもらったねぇ。みんなは何か感じたかな?何か言いたい人はいますか?」
すると、素早く手を挙げた男の子。先生が指名すると、元気よく「誕生日!」・・・やや間があって、ジイたち「おめでとう!」何か言いたいことがあるか?と問われた彼は、一番言いたいことを言ったのでした…今日が誕生日だと。その流れで、次の発言者は「3歳!」すっかり意図から外れてきた。先生はなんとか修正に成功するのだが、その過程で「4歳」と言う機会を失してしまった子が泣き出す。とりあえずジイたちは、彼に寄って個人的に発言を聞くことに。・・・自由っていうのはスバラシイなぁ。
posted by むすび座メンバー at 16:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月28日

ウサジイの公演日記#727

安城市の保育園公演。3歳さんまでの保育園。その訳は、元々、助産施設併設の園として始まったから・・・。上演する側としては、年齢構成を考え、若干構えてのステージが始まる。しかし、4…5歳さんが居なくてもちゃんと応えてくれた。公演後の園長先生との歓談で、訳が判る。先生曰く「保育園を、預けるだけの場所だと考えるお母さんが増えているんです」・・・ちゃんとした運営から、ちゃんとした子ども達が育つのでしょう。
そんな園の開演前。園庭から引き上げて来た2歳児さん。列の尻尾で、何か訴えながら泣いている男の子がいる。先生に聞くと「さっき、虫を見つけたんです。ずっと見ていたかったんでしょうが、人形劇が始まるので・・・」そこで、その子のシャツのデザインである恐竜の話題を振ると、急に元気になり満面の笑顔。
部屋に入った2歳さん達は、おやつタイム。ちょっと覗いて「今日のおやつは何?」と問うと・・・「アジシラベ!」・・・「???」少々考えて判る。「味調べ」という商品名でした。こちらが勝手に「せんべい!」という返事を期待していたので、足元をすくわれたという状況です。なお、先程の男の子はトイレに手間取り、泣きながら出て来て、みんなと同じように「アジシラベ!」
posted by むすび座メンバー at 18:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月23日

ぶぶふぉと…飯田

 
リンゴのほっぺは真っ赤っか。
ボクのほっぺはピンク色。
※産直市場・麻績の里にて
posted by むすび座メンバー at 13:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする