2021年03月02日

ウサジイの公演日記#818

豊橋市でおやこ劇場公演。愛知県はギリ宣言下でしたが、元気な皆さんの頑張りで延期されず嬉しい限りです。密を避けての2ステージ。それぞれの開演前セレモニーが楽しかった。午前は、マリオ・炭次郎・スパーダーマンなどに扮した子たちが様々なポーズをとるというもの。午後は、ももんちゃんや熊さんのお面をつけた小さな子たちが観劇マナーを告知してくれました。因みに終演後の劇団へのプレゼント(ぶぶふぉと参照)は接触を避け、飾ってある登場人形へのお供え物の形をとりました。
開演前は会場を走り回るやら大声で叫ぶやらの元気すぎる子たち、いざお芝居が始まると次第に静かになり、ビックリするほどの集中度。撤収後に劇場運営委陣との感想会で出た話・・・「カミナリ」爺さん独りぼっちの場面では、「もう帰ろ」と呟く子がいたとのこと。いやいや、詰まらなかったんじゃなくて、何だか居たたまれないような感じだったらしい。他の子たちも居心地悪いような様子だったとの話。お芝居としては大成功なんですが、子どもたちの様子をつぶさに見ている皆さんにもびっくりしました。
ところで、例の炭次郎君。「カミナリ」で爺さんと雷の子が険悪になり火花が散ると、すかさず鯉口を切り片足を踏み出したらしい。一体どちらの助太刀をしようとしたのだろうか?
posted by むすび座メンバー at 07:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする