2020年11月29日

ウサジイの公演日記#808

「ともだちや」は元々、1作品・1ステージをやってみようと考えて創った。けれど諸々の事情もあり、中入りにブレイクを入れて上演している。その幕あいは「積み木」。幕あいは手遊びが多いが、前作の「シーソー」が良かったんで、同じようなモノができないかと考えたんです。
前半のお話の中に登場する「熊さんのイチゴ」それを積み木にすると、三角形。遊んでみてもどうも面白くない。で、正三角形を二つくっ付けた「菱形」で遊んでみると、まずまず。(上手く説明できないんですが)同じ方向で縦に重ねると倒れてしまって、その失敗感が面白い。・・・(この件については、後日画をアップしますね) そんな積み木を積み上げるために考えた子ども達の声は・・・
「バランス感だよ!」・・・なるほど、その通りですがどういうこと?と問うと。「ゆっくりだよ」・・・ほー、ゆっくりと乗せればバランスが取れて倒れないんですね。もちろん、そんなわけもなく・・・。「固めるんだよ!」・・・えっ?どういうこと?「ぎゅ〜ってくっ付けるの」・・・そうか、それで接着するんだ。いや、そんなわけもない。なんて感じで、結構盛り上がる。そして、うまく積み重なった時は、会場から拍手と歓声。「達成感」っていうのは必要なモノなんでしょうねぇ。
posted by むすび座メンバー at 17:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする