2020年08月22日

ウサジイの公演日記#793

今年の8月は、4〜7月予定の公演の延期によって、大忙しになるはずだった。・・・のに、再延期・キャンセルで結局例年並み。それでも公演先の方々の工夫によって、時々は子ども達の笑い声に出会えています。そんな会場での「出物腫物ところ選ばず」
「ももんちゃん」冒頭、箱から飛び出したモモンが歩いたり転んだり。まぁ他愛もない行動なんだが、子どもたちは自分の実体験に照らし合せて大笑いする。その日は親子観劇で、前方中央にノリノリの母子が居り・・・女の子が大笑いした時に「ボッ!」という音が。俄かには判らなかったが、女の子とお母さんが顔を見合わせ更に大笑い。・・・なるほど、わかりました。
「カミナリカレー」終盤、雷の子と喧嘩別れした爺さん。何とはなしに淋しく感じて畑に行くと、雷の子との思い出がある人参を見つけ・・・いつもなら「人参か…」「そうじゃ、カレーじゃ!」となるところ・・・会場後方から「おしっこ行く!」男の子がお母さんに訴える声が響く。さすがに直ぐには台詞が出せず、しばらく人参を眺めているジイでした。
posted by むすび座メンバー at 10:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする