2020年01月24日

ウサジイの公演日記#786

名古屋市内の保育園公演。3年連続でおさんぽ劇場が呼ばれてる。なので入場時、年長クラスの子に「あ、この子知ってる!」と言われた。<この子>というのも微妙だが、仲間として認めてくれたのか?
さて開演。客席中央の年少クラスに目立つ男の子、何かと言葉が出る。「ぶんぶく」後半・見世物小屋の場面。口上師が「この狸、もしかしたら落っこちてしまうかも知れません」と述べると、「えっ、血ぃ出る?」幕あいの手遊びでCちゃんが「今度は狸さん、お尻が痒くなります」すると、「血ぃ出る?」……最近そんな状況に出会ったんだろうか?「マリー」冒頭・おばあさん孤食の場面、ジイが「どうしたんだろう?」すると「注射する!」……なるほど、治療すれば元気が出るというわけか。う〜ん、総合してみると、近頃彼は傷病で受診でもしたのだろうか?
怪我と言えば、先日「マリー」終盤・公園で遊ぶ場面。飛び上がったのち、落ちて来て勢いよくシーソーの支柱にまたがるマリーちゃん。本人は馬乗りになって遊ぶのだが、客席後方の年長クラスから男の子の声。ボソッと「ちん△△痛くなかったかなぁ・・・」受け狙いではなく心配そうなその発言に、笑いをこらえられなくなりそうなジイでした。
posted by むすび座メンバー at 14:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする