2019年10月11日

ウサジイの公演日記#774

恵那市のこども園で「ともだちや」の公演。1〜2歳さんも一緒に観劇。小さな子には初めて観てもらうので、チョット不安だったりする。が、心配をよそに2歳さんが元気元気。何かにつけて大きな声で反応してくれる。終盤・コダヌキと仲良くなれず悩むオオカミの場面。オオカミ「ファ〜、もうずーーっと寝てない・・・」悩みのあまり、寝ようにも寝られない日が続いているのだ。すると前列の男の子・2歳さんが「寝てもいいよ!」「ねぇ、寝ていいんだよ!」・・・やがて寝入ったオオカミの元に、コダヌキがキツネと共に登場。いよいよ誤解が解けて仲良くなる場面だ。すると、いきなり「オオカミさん、起きて!」いやいや、ここでいきなり起きては、話がうまく進みません。何度も呼ばれますが、もうちょっと寝かせてくださいな、と思うジイでした。
さて上演後、先生と歓談していると・・・小さな紙切れを持った男の子・4歳さんがやって来る。クシャクシャの紙切れに、線画の様なものが描かれている。聞いてみると「オオカミの手紙、拾った」・・・なるほど!「ともだちや」の終盤で、オオカミはコダヌキに手紙を書く。初めのうち上手く書けず、クシャクシャにして放り投げる。彼は園内で紙を見つけ、あの手紙に違いないと思ったわけだ。その「手紙」は彼が保管し、機会があればオオカミに渡すということになりました。
posted by むすび座メンバー at 15:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする