2019年07月29日

ウサジイの公演日記#771

夏本番になると、地元の幼稚園・保育園公演が減ってくる。おさんぽ劇場は、「ももん+カミナリ」で高松〜大阪ツアー。
1日目は、高松市の子育て支援団体さんの公演。未就園の子たち(0〜2歳児)が多く、ジイたちはやや緊張。入場時から場に慣れてもらおうと、手作りオモチャを用意する。ペットボトルのシェーカーや、転がる柔らかい筒状の…百均で買ったヤツを切ったモノ、とか色々。何とかそれなりに遊んでくれた。開演前に回収して、さて上演。心配をよそに意外とちゃんと観てくれる。「カミナリ」では途中から、舞台脇の窓のカーテンと戯れる子と、舞台前をゴロゴロする子。(ヤッパリ少々難しいのかなぁ)…と思ったが、そうしながらもお芝居は観ている。そんな子たちを気にかけながら「ギリギリまで自由にしていました」という主催者の方々の姿勢が嬉しい公演でした。
2日目・大阪に移動しての「人形げきフェスタinすみのえ」は、人形劇団クラルテさんが中心になって企画している。2日間に亘って地元の人形劇団の公演・手作り教室・おでんやカキ氷などの賑やかなお祭りです。そこにゲストとして呼ばれたんですが、前売り60余がふたを開ければ倍以上の満員御礼。(大阪の子どもって、どんなん?)…と、ツッコミにビクビクしながらの開演。が、いつもと同じようで安心。むしろ客席後方、大人エリアからの歓声が多く、そのあたりは「ヤッパリ関西」・・・そのステージの「ももん」カエルの場面。BGMでカエルの歌が流れると、それに合わせて歌う子はしばしば居る。この日はナント、音階で歌いだす子がいた!「ドレミファミレド……」かなりたどたどしい声が、会場に響きわたっていました。
posted by むすび座メンバー at 13:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする