2019年07月17日

ウサジイの公演日記#769

名古屋市内の保育園公演、「ぶんぶく&まりーちゃん」。荷物を搬入し仕込み始めると、ガラス戸の外をお神輿が移動してゆく。つい最近、園の夏祭りがあったとのこと。その時担いだ神輿だそうだが、大きなティラノザウルスの周りに子どもたちがくっついた立派なモノだ。他にも、年長さんの部屋にはプラネタリウム!黒いビニールで囲まれたエリアに入ると、内側には数多くの星が張り付いている。「これは流れ星、これは天の川」などと説明を聞いていると、急にロケットを帽子のように被らされる。なかなかに手強い(楽しみな)子たちだ、と期待が膨らむ。
「ぶんぶく」が始まると、冒頭から大盛り上がり。笑いが収まるのを待つため、かなり間合いが長くなる。中でも年中クラスは音楽が好きなのか、楽器を演奏しての歌には転げまわるように踊っての反応。終盤に再び楽器を持って登場すると「ヤッター!」その列あたりだけ、応援団のウェーブのようにうねり始めた。
「マリー」終盤、おばあさんが「あんたなんか、マリーちゃんじゃないよ!」と怒る。自称マリーちゃんは衝撃を受け、ガックリ。うなだれているマリーに会場からささやき声が聞こえてくる。「そうだよね。あたし、ずーっとそう思ってた。だってさ、『ちゃん』っていうのは女の子なんだもん」・・・人形のマリーは更にショックを受け、遣い手のジイは笑いをこらえるのでした。
posted by むすび座メンバー at 14:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする