2019年07月11日

ウサジイの公演日記#768

7月は「ももん」時々「ぶんぶく」…2作品をボンゴに、工夫して積み込む。梅雨時で、曇り時々雨。無理して積み込んだ荷物の出し入れは、雨に濡れないよう気遣いながらになる。しかし、作品を行ったり来たりは、思わぬ発見があったりで楽しい。
浜名湖畔の幼稚園で「カミナリカレー」 久し振りに「あ〜!」が出た。……どういうことかと言うと、雷の子と別れて何となくつまらないような気分の爺さんが「静かじゃなぁ」と呟く。客席の子達は、的確には判らないにしても、何となく「おかしいぞ」「まずいなぁ」・・・年長の子は「あ、本当は淋しいんだ」と判るんだが、そこまでの理解に至らない子たちが、取り敢えず爺さんの言った「静か」じゃない状況を作ろうとする。それで「あ〜〜」の合唱が始まる。爺さんに対する優しさなのか、嫌がらせなのか、はたまた自分の不安定な心持ちを何とかしたいのか。興味深い反応です。
犬山市の保育園で「ぶんぶく」 終わって幕間の楽器説明。Cちゃん演奏のアコーディオンは、なかなか正解は出ない。「ヒント、ア・コ…」と言っても「アコギ?」とか。ところがこの日は「アコーディー!」・・・まずまずです。次いで、手作りパーカッションについて聞く。洗濯板製のギロを見せると、最前列の年少クラスから「タマゴ!」・・・えっ?思わず頭が真っ白に。タマゴって、どゆこと?結局、年長さんが「ギロ!」と、こちらは思いがけぬ大正解。・・・まだまだ修行が足りないなぁ。
posted by むすび座メンバー at 20:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする