2019年06月06日

ウサジイの公演日記#763

暑くなってきました。ジイが入団した頃は、園に空調機があることは極めて希で、絞るほどの汗に参りました。しかも演技中は人形を手にしているので、流れる汗が目に入るのを我慢するのみでした。(小学校公演は今でも変わらずかも)
さて、津市の保育園公演。仕込み中に下見に来た子、発達がノンビリの子。環境が変わったことを確認しに来た。でも本番中は先生の心配をよそに、ズーーッと観入っていた。……先生からの話。「カミナリ」中盤、ゴロちゃんがカレーを食べる場面。舞台上の雷の子が食べ終わった時に彼は、手を合わせて「ご馳走さまでした」をしていた。・・・自分が食べていた気分だったんですねぇ。
飯田市の小学校・保育園合同観劇。「カミナリ」終盤、お爺さん独りぼっちの場面。雷の子がいなくなって淋しい爺さんが「静かじゃなぁ」と、ため息をついている。すると会場から「カミナリの子どもがいないからだよ。居れば静かじゃないよ」極めて正解な答えが返ってきた。もちろん爺さんは、その言葉は聞こえない事になっているのですが。
posted by むすび座メンバー at 17:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする