2019年05月26日

ウサジイの公演日記#760

長崎ツアー・ラストは、長崎市の「ヤンチャ&コンポン」午後公演で昼入りだったが、諫早を出る前に高城趾から市内を展望。で、長崎に着くと稲佐山に登り、夜だったら世界三大夜景だったのに(残念)と云う風景を俯瞰する。はるか彼方に軍艦島らしきモノも確認。
「コンポン」終盤、化けっこがバレて、橋の上での別れの場面。コンが泣きながら帰ろうとした途端、会場からも泣き声が!思わず視線を向けると、小1くらい(?)の子が大泣きしている。その声の大きさを気にしてか、隣の兄がその子を抱きかかえるようにしてなだめている。お芝居の筋から推測すると、感情移入しての涙か?としか思えず……。しばらくの後、お母さんが救出にやって来て…終演後には姿は見えず、理由は判らずじまい。
舞台をバラし車に積んだ頃、子ども劇場の役員さんから真相を聞く。・・・泣いてた子は絵本を読んで、コンポンの筋を知っていた。終盤になって、思わず先の流れを口走ってしまった。それを聞いた兄が、マナー違反だと怒って、手加減せずに叩いた。そこで大泣きとなった。・・・いやはや、お芝居が良かったわけではなかったんですね。
posted by むすび座メンバー at 20:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする