2019年02月16日

ウサジイの公演日記#747

中津川市の保育園公演。40人に満たない小さな園ですが、土曜日に父兄参観日を設定しての親子観劇会です。園児数が少ない分、様々な企画ができるようで……最近あった節分の豆まきも、豆を煎るところから始まり……園の廊下には子ども達の等身大の絵が描かれていました。鬼の絵です。子どもが紙の上に寝て、その輪郭を先生が線画で描く。それを鬼の絵にして、自分の中にいる嫌な部分を表現する。怒りん坊オニとか、泣き虫オニとか。・・・自分に向き合うというわけです。
さて上演。「ももん」終盤、お母さんのいる所へたどり着いたももんに「オシメは?」の声が掛かる。実は、絵本の裏表紙にオシメ替えをしているらしい絵が描かれている。そこまでちゃーんと読み込んでいるんですねぇ、この子達は。舞台では、一旦蹴込みに隠れたももんが、再び走り出す。すると「あ、オシメ替えたんだ」と納得してくれました。
幕あいのシーソー。作り物の小さなシーソーにスポンジ人形を乗せて遊ぶコーナー。どのように乗せるか?子どもに問いながら遊ぶ。大きい方が重いとは限らない作りをしてあるので、あれっ?と思う結果にも出会う。今日はそこで、「目が小さいから!」・・・え?どういうこと?・・・どうやら、体の大きさ通りにならなかったので、目の大きさによって重さが変わると言いたかったらしい。ま、そういうこともあるかもしれませんねぇ。
posted by むすび座メンバー at 18:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする