2018年11月20日

ウサジイの公演日記#734

宮城から帰って「カミナリ」の中、「コンポン」が数日続く。
@公演活動にとって、事故渋滞は天敵です。気候による遅延と違い、予測ができない。ある朝、高速道路走行中、後ろから緊急車両がサイレンを鳴らして近づく。道を譲ってしばらくの後、不意に渋滞が発生。事故か!?・・・しかし、ノロノロ進む。然して事故は反対車線、事故見渋滞でした。この日は同じ事がもう一度。そんな日もあるんですねぇ。
@公演後、年長クラスが記念撮影。終わって皆が帰ろうとする中、一人舞台に近づく男の子。「お願い!いっぺんだけ、ニオイ」・・・「?、なに?」「足のニオイ」と言いながら、狐のお母さんに近づく。見ていると、人形の足の裏に鼻を近づけ、納得した模様。いわゆるフェチではないのだろうが、何か最近、足裏に興味深いことがあったのであろうか。彼はそのまま、コメントなしで帰っていった。
@「コンポン」中盤、橋の両端で二人が出逢う場面。お互いに「おーい!」と呼び合う。すると会場後方からも「おーい!」と声がする。目を向けると、2歳くらいの子が二人ほど立ち上がり、こちらに向かって声を上げている。この「おーい!」、何度か繰り返すので、その度にアッチからも声が掛かる。そちらに返さなくてゴメンね。
posted by むすび座メンバー at 17:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする