2018年11月13日

ウサジイの公演日記#733

【宮城ツアーあれこれ】D
会場は仙台市の中心部、なんと三越の入ってるビルの6階。子どもおやこ劇場の会員さんと、券売りでいらっしゃった方々に向けてのステージ。「ももんちゃん」の作者が宮城県出身だということもあってか、予想以上の集客だった(との事です)。
公演後、主催者から興味深い話を聞きました。開演してしばらくの後、会場外に逃亡した子。お母さんが放って置いたら、帰ってきて最後の部分はチャンと観ていた。もう一人…観たくなくなったお孫さんの意を汲んで、「また来ようね」と言いながら帰っていったおばあちゃん。どちらも、なかなかできることではない。
来た子全員が、観たくて来たとは限らない。観たくて来ても、その気持ちが継続するとは限らない。・・・その時その瞬間、観るか否かは本人の自由。無理強いすると、お芝居が嫌いになることだってある。だから、チケット代がもったいないという気持ちはわかるけれど、子どもの意思も尊重して欲しいなぁ。
posted by むすび座メンバー at 09:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする