2018年10月17日

ウサジイの公演日記#725

松本から帰って、東海地方をあちこち。自然の豊かな園が多い。仕込み終わってテラスに出ると、年長クラスの男子が虫を捕まえてくる。かなり大きなバッタだ。で、何かと問うと「皇帝バッタ!」・・・なるほど、殿様の上をいってるんだ。女の子はフェンスの間から手を伸ばし、小さな実を収穫している。「食べるの?」と聞くと、先生から事典を借りて種を確認する。自然の持っている教育力はスゴイ。
そんな園では「ももん」の反応も格別。ももんちゃんが橋を渡る場面、原作にはない尺取虫が出てくる。すると年少さんの辺りから「あっ、アゲハの幼虫だ!」はい正解、極めて学術的な発言です。何しろ黄緑色をした這う虫なのですから。 別の園では「あっ、青虫!やりたいなぁ」=これは2歳児さんの発言。「はらぺこあおむし」の絵本が大好きで、暗記している子。人形を遣って演技してることを分かっているようです。
posted by むすび座メンバー at 18:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする