2018年10月14日

ウサジイの公演日記#724

松本市の保育園公演では、給食を頂くことが多かった。舞台をバラしていると、給食係の子がやって来て「給食の準備ができました」 呼ばれて子ども達と一緒に会食、というか、食べるの半分で質問ぜめ状態だったり・・・。そんな会話の中から。
食事という事で、何が好きかといった話題になりやすい。ジイは聞かれると「ビール!」しかしこれは飲料だからダメ!となったりする。ある子が「ボクは貝が好き!」ジイ「へぇ、シブいなぁ」子「先生もシブいって言った。でも、渋いのは柿だよ」…その通りです。
妙に博学な子が「危険生物はとっても危ないんだよ」 その通り、と思っていると「トラは危険生物だから、やっつけるんだよね?」ジイ「う〜ん、何にもしなかったら、危なくないんじゃないかなぁ」子「でもケモノだからさぁ。あれ?サメはケモノ?」危険生物=獣、と理解していた為、彼の中に矛盾が生まれた瞬間です。
大きな水槽が2つもある年長クラスの保育室。聞くと、中には卵から孵ったカブトムシが40匹程いるらしい。凄いなぁ、と思いながらふと、成虫になるのは来年の夏だよな。「皆んなは来年、甲虫に会いに来るの?保育園に」と問うと、一同「?????」 どうやら、来年の夏には小学校に行っていることに気付いていなかったようです。
posted by むすび座メンバー at 19:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする