2018年09月07日

ウサジイの公演日記#719

3歳未満児さんの割合が多い園が続いた・・・鈴鹿市の保育園公演。0〜1歳クラスと2歳クラスが、ともに20名近く。前列中央に陣取った2歳さんが実に集中して観てくれた。「カミナリ」終盤になっても、じっと見入っている。果たして何を思って観ているのか、不思議である。そんな中、ももんちゃんが大好きだという1歳・男の子。「ももん」冒頭、ももんちゃん登場と同時に大興奮!何やら奇声を発し、体全体で喜びを表現してくれる。そしてそれが、ずーーっと続く。周囲の子たちは取り立てて気にすることもないが、先生方とジイたちはその喜びように大笑い。幸い長い演目ではなかったので良かったが、さぞかし彼は疲れたことだろう。
翌日、刈谷市の保育園公演。またしても1歳・男の子。人形に向かって指さししながら、何ごとか言っている。笑っているわけでもないので、彼なりに何か理解をして、それを先生に報告でもしているのだろうと思っていた。それにしても、熱心な指さし&発言だなぁ。・・・公演後、先生から、その行動に関して教えてもらう。1歳の誕生日を迎えたばかりの彼。最近、正義感が極めて強くなってきた。そういうわけで、お芝居中に納得のゆかない行動があると、登場人物に文句を言っていたらしい。とりわけ「カミナリ」中盤・ジイさんとゴロちゃん喧嘩の場面では、「喧嘩をするな!」を繰り返していた模様。・・・もちろん半分は喃語なので、先生の通訳ですが・・・。
posted by むすび座メンバー at 17:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする