2018年06月30日

ウサジイの公演日記#712

幼児作品の主な公演先は、当然ながら幼稚園・保育園。ジイのような年配男性の存在が稀なためか、子どもたちに「おじさんだ〜、おじさんだ〜!」と囃されることがある。トイレに入ると、目ざとく見つけた子が「おじさんがオシッコしてるぞ!」とふれ回る。・・・事実だから反論もできない。
ところでジイは、靴下が嫌いだ。5〜9月は裸足にサンダルの生活をしている。この件に関しても、しばしば「あ、ハダシだ!」と言われるのだが・・・ある園でのこと。4歳ほどの女の子「なんでハダシなの?」→ジイ「ハダシが好きなの!」→「・・・?」理解不能らしい。仕方がないので「靴下がないから」→「なんで?」→「貧乏だから買えないの」→「・・・?」→「貧乏って解る?」→「知らなーい」・・・てな感じで、何とか会話が終了。「なんで?」には悩まされる。
posted by むすび座メンバー at 12:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする