2017年12月16日

ウサジイの公演日記#692

名古屋市内の保育園公演。園庭に入れず路上からの搬入となる園のひとつ。前日から晴れを、できれば無風を祈る。で・・・朝、穏やかな空模様にホッ。到着し搬入を始めると、先生方が手伝ってくださり、いつも以上に早く終わる!
おかげで仕込みも早めに終わり、園内を散策していると・・・年長クラスのテラスに貼り紙がある。「カエルは冬眠する時に、お肉を食べて枯葉の布団で眠る、という情報が入った。給食室でお肉をもらい、タコ公園に行ってケロシーにあげた。落ち葉も集めてあげた」というような内容。何となく判るが、ごっこ遊びなんだろうか?
さて上演。「カミナリ」冒頭・じいさんが登場すると「あっ、サンタだ!」ふくよかな顔ではないが、髪も髭も真っ白で確かにそうも見える。後半・蓄音機が壊れた場面では「直せばいいよ!」少々のことならばスルーするが、この日は何人もがアドバイスしてくれる。仕方なくじいさんは独り言で「こりゃダメじゃ。直らん・・・」果たして納得してくれたかどうか・・・。
撤収後、園長先生と歓談。例のカエルの件が話題となり、年長クラスを訪ねる。部屋に入ると、壁にはカエルからの手紙が何枚も貼ってある。先生作なんだが、リアルな模型のカエルを配した写真に文章が書いてある。「なまえがほしいケロ」と書かれた手紙の下には、子ども達作のカエルの絵と「ケロシー」の文字。聞けばみんなで考えたという。付近の公演に住むらしいカエルからは色んな手紙がやってきて、その度にみんなで考え行動する。お肉を届けたのもその一環だという。・・・いいなぁ。
posted by むすび座メンバー at 13:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする