2017年10月29日

ウサジイの公演日記#681

「どんどこももんちゃん」大人気の絵本を人形劇にしました。小さな子、保育園の3歳未満の子たちにも受け入れてもらえるよう、優しい舞台にしたいと思い、、、今までのおさんぽ劇場とは一線を画すような、静かでゆったりとした作品を目指したはず。制作中も、ともすれば賑やかになりそうな表現を自制しながら創ったつもり。ところが上演が始まると、賑やかな反応。ま、小さな子たちも喜んでるから、ま、良いか、、、。
◎ももんちゃん登場の場面。後頭部を見せて「桃?」と問い、反転させて顔を見せると・・・「モモタロー!」結構な確率での発言です。◎橋を渡る場面。絵本と違って尺取虫が登場する。会場からは「ヘビだ!」「アオムシだよ!」の論争があり、ももんちゃんに近づくと「キャー!」と叫び声があがる。自分に近づいているイメージなのか、隣の子と抱き合ったりしている。◎クマと相撲をとる場面。運動会が終わったばかりの時期のせいか、応援がすごい。「がんばれ〜、ももんちゃん!」・・・もちろん勝ちますよ。◎お母さんと出会う場面。大団円に、会場にはヨカッタネ感が満ちる。はずが、ある園で「お父さんも紹介して!」・・・残念、作ってありません。
posted by むすび座メンバー at 09:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする