2019年11月17日

ウサジイの公演日記#779

おさんぽ劇場にはこの秋、新作「ともだちや」が加わり、現在3作品体制で公演活動中。2作品を重複して積み込んだり、公演から帰って積み替えたり、目まぐるしい毎日です。さて「ともだちや」の上演でのこと……
コダヌキ君に恐がられているオオカミ。キツネに容姿の恐さを指摘され「強そうだから」と言われると、「強いものほど優しい」と持論で反論する。すると会場から「そうだよ!」と同意の声が上がる。(オオカミ役のジイはチョット嬉しい) 続いてオオカミはキツネに、解決策を聞く。あんまりしつこいためか、会場からは「だから、(今は)それを考えてるんだよ!」(確かに、その通り。キツネは考えてました) やがてオオカミは、変装によるイメチェンを計りコダヌキに会う。残念ながら間違った方向のチェンジであり、コダヌキは一層怯えて逃げ去る。ガックリするオオカミに追い討ちの声。「もっと可愛くならなあかん!」(分かってますってば!)
posted by むすび座メンバー at 17:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月02日

ウサジイの公演日記#778

幼児作品の場合、小一時間を2作品で構成することが多い。で、幕間に手遊びをしたり、チョットしたおもちゃ遊びをしてみたり・・・。そして後半の始まりを告げるためには、別の役者が「そろそろ始めよう!」などと呼びかけることになる。
この日の作品の舞台は、森の中。なのでバードコールを鳴らし「あれ?何か聞こえてきた。何の声?」会場からは「とり!」バードコールを示して「これを鳴らしてたの。知ってる?」という流れで、お芝居が始まる趣向。するとその日は、年中さんの男の子が「ヒヨコを食べる時に使うやつ!」・・・「えっ???」自信を持っての答えなのに、全く以って意味不明。というか、イメージすると恐い映像が浮かぶ!2度3度聞いても同じ答え。でも近くの子が「お話しするの!」と答えてくれ、真意が判明。「ヒヨコとしゃべる時に使うやつ」でした。
その園では最近、近くにある「県民の森」に行って、簡単なバードコールを作ったばかりだったのです。しかも森の中で鳴らしてみると、小鳥が応えてくれたというのです。だから是非とも答えたかったんだねぇ。
posted by むすび座メンバー at 14:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする