2019年06月12日

ウサジイの公演日記#764

温泉で名高い下呂市のこども園公演。市の担当者の尽力もあり、数年前から市内6園で公費での観劇が続いている。そんな園での「ももん&カミナリ」が始まったばかりに、いきなりの雷鳴!まだ、カミナリカレーではないというのにカミナリが。もちろん子ども達は、一斉に音の出所を探してキョロキョロ。しかし、雷鳴は短時間で終わり子ども達も舞台に戻る。が、その直後、会場の水銀灯がプチっと消え会場はザワザワ。先生方は復旧にアタフタ。でも、お芝居は止められない。幸いコンセントは生きていて、音響と持込み照明は無事。やや暗めの中で「ももんちゃん」はしっかりとゴールイン!
気を取り直し「カミナリ」 冒頭、お爺さんが蓄音機を持って登場。すると会場から「レコードだ!」の声。しかも複数。先生方は思わぬ反応にザワザワ。(何で知ってるの?)って事なのでしょう。その蓄音機を設置し、お爺さんは咳払い。すかさず会場から「大丈夫?」胸の病気かと心配してくれたのかなぁ。で、レコードをかける、歌が始まる、お爺さんはいい気分。会場から「いい声……」 はい、言っときますね、録音を吹き込んだ方に。最近、アナログが復活してるような報道もあり、嬉しいジイです。
posted by むすび座メンバー at 17:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする