2019年03月10日

ウサジイの公演日記#753

【鹿児島祭典】D ……県協議会主催・続き
マグロの街・串木野 …当地には、北隣・川内子ども劇場の会員さんが2家族。その母2人が活躍して、何と100人超えの集客!当の本人は「コース開始の10日前は28人。困っていたら、周りの方々が動いてくれて……」いやいや、それが一番。一人で頑張るんじゃなくて、周りを動かす(動いてくれる)方がずっと良い。 …その、2家族の子ども達も大活躍。看板作り、モギリ、開演時の注意事項告知、終演時プレゼント係をすべてやり遂げる。モギリに関しては、前日まで何度もシミュレーションしていたらしい。因みに6歳男の子は、前日超早く寝て、5時前には起き、そのまま会場入りする気満々だったと言う。その前に保育園があったんですが。
県北部、山あいの街・さつま町 …会場となる地域が1ヶ月前に変更。そのため、1週間前には「う〜ん、5人は読めてるんだけど…」当然、当日は保育園・学童に宣伝。小学校は遠足だったので、その帰途を狙い、子ども達の列に並走する宣伝車。 …結局、40人弱の集客。けれど、子ども達の反応は特A!ブーには「充電切れた」ロボットでは「あぶない!」等々。事後交流会では「タヌキのお母さん、可愛い!」初めてのお言葉を頂きました。 …会場変更で、集客は困難。けれど、それによって新しい繋がりができました。地元の先生や祭りの主催者。祭典に理解を持つ方が、来年からの力になりそうです。
posted by むすび座メンバー at 21:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする