2019年02月02日

ウサジイの公演日記#745

鈴鹿市の保育園公演。好天の名古屋を発つが、東名阪道の山沿いは鈴鹿の山からの雪が舞っている。公演会場の 遊戯室(年長さんの部屋でもある)には、節分の季節にふさわしく「オニ」の絵が沢山掲示してある。正確にはオニと子どもが笑顔の絵が多い。不思議に思い、先生に聞くと「一ヶ月ほどかけて、いろんな鬼の話を読み聞かせました。その上で、自分が想像するオニを描きましょうと提案しました。正解のない投げかけです」・・・絵に付けられたコメントを連ねてみます。(漢字に変換)
あーちゃんと遊んで「やっほー」と思ってるオニ
まなかと一緒に豆まきをして楽しいオニ
豆をまかれて泣いているオニを私がよしよししているところ
豆をまかれて怒っとるオニ
鬼ごっこをしてるオニ
お腹がペコペコで人間を食べようとしてるオニ
鬼が追いかけて来たのでビックリして逃げる僕とオニ
人間と遊べなくて泣きそうになったけど あかねが一緒に遊んだところ
posted by むすび座メンバー at 01:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする