2018年12月05日

ウサジイの公演日記#737

飯田市の保育園公演、文化会館の委託で2日3st。
初日午前は、園児数10余名の小規模園。上演会場にネコの人形が並んでいる。(ぶぶふぉと参照)園をあげて「11匹のねこ」を上演したという。年少さんは魚のペープサート。年中と年長さんが、(少しだけ)縫い物も頑張ってネコを作り上げた。上演後には、飯田駅の構内にも展示されていたという。さすがは人形劇の街です。
午後の園で、仕込み後のこと。廊下で出会った男の子(4歳?)が、両手を様々な形にして見せて来る。いきなりの行動に・・・?。何度も繰り返すそれを見てるうちに、どうやら手品をしているらしい事が解る。「へぇ、すごいなぁ!」と言うと、満面の笑顔。別の手品もやってくれた。・・・が、どの辺りが手品なのか?チョット解りかねた。
二日目。公演後、クラスに入って子ども達と一緒に給食をいただく。例によって「ねぇねぇ、ぼくのにいちゃんさぁ・・・」等と話しかけられ、こちらは聖徳太子のごとく複数の会話を同時にしなければ状態。そんな中、「朝顔って、赤と白と黄色があるんだよ」ほぅ、黄色い朝顔とは珍しいなぁ、と思っていると、「だってさ、♪アカシロキイロ〜♪」・・・それはチューリップ!
posted by むすび座メンバー at 16:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする