2018年09月19日

ぶぶふぉと…劇団

 
今年も実りました。
こんなに食べたら、豚になる〜!
‥‥って、元からブタか…。
 
※劇団の前の田んぼです
posted by むすび座メンバー at 21:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月11日

ウサジイの公演日記#720

松阪市、といっても伊勢道・松坂ICから30分走った、旧飯南町の保育園公演。伊勢から大和・吉野へと向かう街道から見える、櫛田川の流れが美しい。
舞台を仕込んでいると、テラスの方から見学者がチラホラ。見学というか、見慣れぬ者の確認と、自分のやってることの評価を期待している模様。年長クラスらしい女の子‥‥木の枝に解けたビニール畳の紐を結び、先には葉っぱが付いている。「ほぉ、釣竿か。ルアーだね」と答えると走り去る。やがて、竿の部分を改良して再登場。細い枝を探して、ヒットした時にたわむようにしたらしい。大人の釣りを観察しているのでしょうか?
もう一人、興味深い男の子。縄跳びのナワを手首に結んで登場。「ちゃんと結んで!」どうやら、右手だけでは充分に結べないようだ。というか、結び方自体おかしい、ので、ちゃんと結んでやる。すると「引っ張って!」・・・引っ張られて笑顔、囚われの身になりたいのか?その辺りは彼にしか判らない。少しだけ応じた後、縄跳びナワの糸電話遊びを仕掛ける。本当は聞こえないけど、ゴッコ遊びは面白いらしい。
園児数が少ないだけに、自由度は高い。上演中、客席を散策しながら観劇の子も‥‥。立ち止まっても、見えないよ!とか、特に苦情は出ない。それどころか「カミナリ」冒頭では、2歳さんが10人近く立ち上がっての観劇。同じ方向を注視するあたり、ミーアキャットの集団の映像が浮かんだりして・・・失礼!
posted by むすび座メンバー at 21:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月07日

ウサジイの公演日記#719

3歳未満児さんの割合が多い園が続いた・・・鈴鹿市の保育園公演。0〜1歳クラスと2歳クラスが、ともに20名近く。前列中央に陣取った2歳さんが実に集中して観てくれた。「カミナリ」終盤になっても、じっと見入っている。果たして何を思って観ているのか、不思議である。そんな中、ももんちゃんが大好きだという1歳・男の子。「ももん」冒頭、ももんちゃん登場と同時に大興奮!何やら奇声を発し、体全体で喜びを表現してくれる。そしてそれが、ずーーっと続く。周囲の子たちは取り立てて気にすることもないが、先生方とジイたちはその喜びように大笑い。幸い長い演目ではなかったので良かったが、さぞかし彼は疲れたことだろう。
翌日、刈谷市の保育園公演。またしても1歳・男の子。人形に向かって指さししながら、何ごとか言っている。笑っているわけでもないので、彼なりに何か理解をして、それを先生に報告でもしているのだろうと思っていた。それにしても、熱心な指さし&発言だなぁ。・・・公演後、先生から、その行動に関して教えてもらう。1歳の誕生日を迎えたばかりの彼。最近、正義感が極めて強くなってきた。そういうわけで、お芝居中に納得のゆかない行動があると、登場人物に文句を言っていたらしい。とりわけ「カミナリ」中盤・ジイさんとゴロちゃん喧嘩の場面では、「喧嘩をするな!」を繰り返していた模様。・・・もちろん半分は喃語なので、先生の通訳ですが・・・。
posted by むすび座メンバー at 17:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月01日

ウサジイの公演日記#718

名古屋市内の保育園公演。毎年この時期にうかがう・・・のは、園の創立記念日だからです。
到着して搬入を開始すると、大きなサイに出会う。段ボールをベースにした紙製のサイが、玄関ホールに鎮座している。廊下には熱帯系の植物が飾られ、二階に上るとライオンが待っていた。公演会場の遊戯室も、壁面にとどまらず、天井にも蔦が這いカラフルなビニール製の鳥が飛んでいる。先生曰く「今年のテーマはエルマーなんです。毎日少しづつ読み聞かせをしていて、それを元にエルマーの世界で遊ぶんです」・・・とっても楽しいデコレーションでしたが、「カミナリ」の雷雲を登場させるために、少しだけかたつけていただきました。
さて「カミナリ」中盤、畑の場面。遠くから救急車のサイレンが!「近づくなよ…」と祈りながら演じる。幸い子どもたちはお芝居に集中してか、気づかなかった。・・・上演中に飛来する虫、聞こえてくる緊急車両の音には、どんな名演技も敵わないのだ。しかし、畑の景も終わる頃、またしてもその音が!しかも、やや近い!お芝居は落ち着いた状況なのだが、ジイさんは必要以上に饒舌にならざるをえない。「あ〜、それじゃぁ、これを持って付いて来い。いいか?わかったな!」無意味な言葉を足して、無音にならないように努める。・・・が、男の子が一人だけ、小さな声で「あっ、パトカー?」  やっぱり…か。
posted by むすび座メンバー at 15:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする