2018年05月24日

ウサジイの公演日記#707

【鹿児島祭典B】
大隅をあとにして、鹿児島市内で二ヶ所の公演。午前中は発達支援センターの親子観劇。子ども達の状況は様々で、いつものように一斉入場とはゆかない。会場に慣れる必要ありの子は、先生の判断で早めに入場。そして勿論、その中には走るのが大好きな子もいる。舞台の中にも走り込んで来るのだが、袖幕や道具には決して触れない。彼にとって大切なことは、走ることなんだ。怪我をしないよう見守ることにする。
さて上演。子ども達も乗り出すように観るが、お母さんの反応がスゴイ!「コンポン」コンの父登場場面では、どよめきと笑い声でしばらく収拾がつかなかった。(なぜ笑うかは、観た方は判りますよね)・・・という訳で、コンの「川向こうの誰かさんと会った‥云々」というセリフがあまり聞こえない状況。仕方なく、父「ほう、誰かに会ったのか」とおうむ返しするのでした。
夜は桜島。フェリーで15分の船旅。錦江湾内は基本穏やかなんだが、この日は風が凄い。風に飛ばされた潮が車両甲板に飛び込んでくる。こりゃ上陸後洗車かなあ、と思っていると、着岸直前にホースで水を掛けてくれた。桜島は噴火が何度かあったんですが、強風のためか噴煙が上にのぼらない。山肌を滑るように流れてくる。目がチカチカしたりで、降灰の中に居ることを実感!
posted by むすび座メンバー at 09:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月22日

ウサジイの公演日記#706

【鹿児島祭典A】
鹿屋市の後は、隣の垂水市。休日を挟んで、曽於市・志布志市・南大隅町。休日には、大河ドラマのオープニングの映像に出てくる「雄川の滝」へ。青く澄んだ滝壺が美しい!昼食は漁協が運営する港食堂でカンパチ丼。鹿屋〜垂水にかけては、養殖が盛んなのです。その後、祭り最中の「バラ園」を散策。(余談ですが、行程中に鹿屋子ども劇場の関係者に二ヶ所で遭遇。‥‥休みとはいえ、ダラダラしてはいられないぞ)
曽於と南大隅は劇場組織がなく、県協議会が地元の方と手を組んで公演を作ります。当日ギリギリまで宣伝に回るため、ジイたちも人形片手に同行。そんな地域での「コンポン」中盤・化けっこの場面。まず、ポンがサツマイモに化けて「これ、な〜んだ?」。コンへの問いかけですが、子どもたちは元気に答えてくれます。「お芋!」・・・でもその日は、マッハのスピードで返事が返る。「ジャガイモ!!」、一瞬間があって、会場中がドッと沸き上がる。その後コンが「お芋」、そしてジイが「アタリ!」。いやはや、すっかり主役を取られてしまいました。
※オマケ/志布志市役所志布志支所は、志布志市志布志町志布志にあります。
posted by むすび座メンバー at 10:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月17日

ぶぶふぉと…鹿屋+

 
やっぱりピンクだよね♪
 
※鹿屋バラ園は、バラ祭りでした。
posted by むすび座メンバー at 16:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月15日

ぶぶふぉと…鹿屋

 
人生っていうのか判らないけど、
ボクの場合、そこそこ自由かな?
 
※レストラン森小休(しんこきゅう)にて
母体の「えこふぁーむ」はいろんな事をやってます。 ぜひ検索を。
posted by むすび座メンバー at 15:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウサジイの公演日記#705

【鹿児島祭典@】
おさんぽ劇場は、2〜3月に引続き、鹿児島県子ども芸術祭典の5月コースに来ています。今回は、大隅半島と伊佐市、そして甑島と種子島。南の熱い太陽の下を走り回ることになりそうです。まずは、鹿屋市での6ステージ。小学校の体育館、地域の公民館的施設、保育園と会場は様々。学童保育や保育園の集団観劇もあったりで、ステージ毎に違う雰囲気で面白い。見慣れている小学生は落ち着いているが、前列の幼児グループの反応が楽しい。
「コンポン」中盤・嵐で倒木が流れ、橋ができる場面。できた途端に「あ、橋ができた!あ〜、ヨカッタ!」前列の男の子・3歳の声です。その時、ポンを手にしたジイは、一瞬登場を躊躇。なんだか、彼の台詞の余韻に浸りたくて。あの子は、最初からコンとポンの事を気に掛けてくれていたんだね。
その橋を渡って2人が出会う場面。会場のアチコチから「お尻ペンペンだよ・・・」。キツネ家の父母の発言を覚えていて、忠告してくれる。中には、万一露見した場合の対応策を話し合う子たちもいたらしい。(会場スタッフのお母さんの言)
橋上の二人の所に、キツネ母の声が聞こえてくる頃から心配顔の女の子。化けっこがバレてサヨナラをする辺りで、とうとう泣き出してしまう。でも、最後に両家が和解すると泣き止みました。(何とかしたいジイたちは、少々芝居のテンポを速めにすることになりましたが、、、)

posted by むすび座メンバー at 15:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする