2018年05月30日

ウサジイの公演日記#709

【鹿児島祭典D】
伊佐市ラストのステージ後に、劇場事務所で昼食交流会。メニューはカレーとトッピングの素揚げ野菜、デコポン、高級シュークリームです。食事後に感想&質問タイム。すると質問が出るわ出るわで、時間超過!ありがたい状況ですが、慌てて串木野新港へと走る。そして3度目の甑島へ。
初回に(文字通り)有難い経験をさせて頂いた航路です。それは・・・フェリー欠航のため本土で足止め。軽自動車可の貨物船が出るかもしれない、無理して舞台を軽に積み替えるが欠航。翌日の便は車両が満席(?)。結局、島へ日用品を運ぶトラックの隙間へ、道具や人形を突っ込んで運ぶ羽目に・・・島では、軽トラが待ち構え運んでくれたのでした。今回は穏やかな海で大丈夫でしたが、帰路、バックでの乗船を指定されてのこと。船には登り坂で入る訳で、駆動輪の後輪には荷重がかからず、水に濡れた鉄板は滑りやすく、スリップすること数回、タイヤの焼ける匂いを嗅ぎながら、どうにかこうにかの乗船でした。
公演=下甑島は、若いお母さん達の力がスゴイ。チラシやチケットもオリジナリティー溢れるモノ。搬入にはパパ同伴(感謝)。乳児さんが笑っていたのが印象的でした。上甑島は、まず、小学校&幼稚園×二ヶ所の宣伝。(ついでに観光したけど)そのせいか、例年になく子どもの多いステージだったとの事でした。
※オマケ…上甑の子どものアンケートより(ひらがなを漢字に変換)「声の大きさや、表情で、面白さが伝わってくる」「女、男の子の心情を残しながら、逆の人を演じるのが凄かった」・・・何とも深い。次の件には未だに悩んでいる。「最初のことを、もうひと粘りください」
posted by むすび座メンバー at 22:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月29日

ぶぶふぉと…甑島

 
なんだか判らないけど、なんとなく嬉しい・・・
「ぶぅかったん」と遭遇!
 
※下甑島・手打の郷土館に展示されていた
鍛冶屋が使用したフイゴらしい
ブゥと空気を送り、カッタンと音がするのか?
posted by むすび座メンバー at 16:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月26日

ウサジイの公演日記#708

【鹿児島祭典C】
県北部の伊佐市では4公演、内3つは小学校が会場。市内の小学校を順繰りに会場として、何年かに一回は自分の所で観られるシステムになっている。その年には地域の方々の協力も様々いただける。今回もある学校では、地域からの補助金で在校生は無料。そこにもれなく家族が付いて来るため、集客はバッチリ。加えて、校長を始めとして先生方の観劇も多かった。
会場には、年配の方の顔もたくさん見受けられる。30年の継続のなせる技なんだろうが、伊佐市は広いし、バスなど公共交通機関の不便な地域もあるらしい。そんな時は、ナント、祭典実行委員の無料送迎が出動!
そして、何より純朴な子が多い。「コンポン」では、化けっこ遊びで二人が入れ替わる。あるステージ、中央2列目の3年生男子。化けたところで先が見通せたのか、ソワソワ。そこへコン母の呼ぶ声が聞こえてくると、耳を押さえて小さくなる。感情移入していて、居ても立ってもいられないようだ。申し訳ないが、何とも可愛い小3でした。
※オマケ :子どもに「森のクマさん」替え歌を教えてもらいました。
♪ある〜ヒロシマ、もりのなカゴシマ、くまさんニイガタ、であ〜タネガシマ、はなさくもりのみチバケン、くまさんにであ〜タカラジマ♪
種子島が、いかにも鹿児島県の子。宝島は、児童文学のタイトルではなく、トカラ列島・十島村です。
posted by むすび座メンバー at 21:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月25日

ぶぶふぉと…伊佐

 
日焼けしそう…、黒豚にはならないぞ!
※東洋のナイアガラ・曽木の滝にて
posted by むすび座メンバー at 10:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月24日

ウサジイの公演日記#707

【鹿児島祭典B】
大隅をあとにして、鹿児島市内で二ヶ所の公演。午前中は発達支援センターの親子観劇。子ども達の状況は様々で、いつものように一斉入場とはゆかない。会場に慣れる必要ありの子は、先生の判断で早めに入場。そして勿論、その中には走るのが大好きな子もいる。舞台の中にも走り込んで来るのだが、袖幕や道具には決して触れない。彼にとって大切なことは、走ることなんだ。怪我をしないよう見守ることにする。
さて上演。子ども達も乗り出すように観るが、お母さんの反応がスゴイ!「コンポン」コンの父登場場面では、どよめきと笑い声でしばらく収拾がつかなかった。(なぜ笑うかは、観た方は判りますよね)・・・という訳で、コンの「川向こうの誰かさんと会った‥云々」というセリフがあまり聞こえない状況。仕方なく、父「ほう、誰かに会ったのか」とおうむ返しするのでした。
夜は桜島。フェリーで15分の船旅。錦江湾内は基本穏やかなんだが、この日は風が凄い。風に飛ばされた潮が車両甲板に飛び込んでくる。こりゃ上陸後洗車かなあ、と思っていると、着岸直前にホースで水を掛けてくれた。桜島は噴火が何度かあったんですが、強風のためか噴煙が上にのぼらない。山肌を滑るように流れてくる。目がチカチカしたりで、降灰の中に居ることを実感!
posted by むすび座メンバー at 09:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月22日

ウサジイの公演日記#706

【鹿児島祭典A】
鹿屋市の後は、隣の垂水市。休日を挟んで、曽於市・志布志市・南大隅町。休日には、大河ドラマのオープニングの映像に出てくる「雄川の滝」へ。青く澄んだ滝壺が美しい!昼食は漁協が運営する港食堂でカンパチ丼。鹿屋〜垂水にかけては、養殖が盛んなのです。その後、祭り最中の「バラ園」を散策。(余談ですが、行程中に鹿屋子ども劇場の関係者に二ヶ所で遭遇。‥‥休みとはいえ、ダラダラしてはいられないぞ)
曽於と南大隅は劇場組織がなく、県協議会が地元の方と手を組んで公演を作ります。当日ギリギリまで宣伝に回るため、ジイたちも人形片手に同行。そんな地域での「コンポン」中盤・化けっこの場面。まず、ポンがサツマイモに化けて「これ、な〜んだ?」。コンへの問いかけですが、子どもたちは元気に答えてくれます。「お芋!」・・・でもその日は、マッハのスピードで返事が返る。「ジャガイモ!!」、一瞬間があって、会場中がドッと沸き上がる。その後コンが「お芋」、そしてジイが「アタリ!」。いやはや、すっかり主役を取られてしまいました。
※オマケ/志布志市役所志布志支所は、志布志市志布志町志布志にあります。
posted by むすび座メンバー at 10:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月17日

ぶぶふぉと…鹿屋+

 
やっぱりピンクだよね♪
 
※鹿屋バラ園は、バラ祭りでした。
posted by むすび座メンバー at 16:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月15日

ぶぶふぉと…鹿屋

 
人生っていうのか判らないけど、
ボクの場合、そこそこ自由かな?
 
※レストラン森小休(しんこきゅう)にて
母体の「えこふぁーむ」はいろんな事をやってます。 ぜひ検索を。
posted by むすび座メンバー at 15:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウサジイの公演日記#705

【鹿児島祭典@】
おさんぽ劇場は、2〜3月に引続き、鹿児島県子ども芸術祭典の5月コースに来ています。今回は、大隅半島と伊佐市、そして甑島と種子島。南の熱い太陽の下を走り回ることになりそうです。まずは、鹿屋市での6ステージ。小学校の体育館、地域の公民館的施設、保育園と会場は様々。学童保育や保育園の集団観劇もあったりで、ステージ毎に違う雰囲気で面白い。見慣れている小学生は落ち着いているが、前列の幼児グループの反応が楽しい。
「コンポン」中盤・嵐で倒木が流れ、橋ができる場面。できた途端に「あ、橋ができた!あ〜、ヨカッタ!」前列の男の子・3歳の声です。その時、ポンを手にしたジイは、一瞬登場を躊躇。なんだか、彼の台詞の余韻に浸りたくて。あの子は、最初からコンとポンの事を気に掛けてくれていたんだね。
その橋を渡って2人が出会う場面。会場のアチコチから「お尻ペンペンだよ・・・」。キツネ家の父母の発言を覚えていて、忠告してくれる。中には、万一露見した場合の対応策を話し合う子たちもいたらしい。(会場スタッフのお母さんの言)
橋上の二人の所に、キツネ母の声が聞こえてくる頃から心配顔の女の子。化けっこがバレてサヨナラをする辺りで、とうとう泣き出してしまう。でも、最後に両家が和解すると泣き止みました。(何とかしたいジイたちは、少々芝居のテンポを速めにすることになりましたが、、、)

posted by むすび座メンバー at 15:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする