2018年03月12日

ウサジイの公演日記#702

【鹿児島祭典E】
祭典の客席の顔ぶれは、お年寄り〜乳児さんまで実に多様。高学年が多かったり、幼児が多かったり。それによってジイ達の舞台も微妙に影響され、テンポや圧が変化する。楽しいことではあるのだが、毎日がドキドキです。
あるステージ、3歳位の女の子が「ヤンチャ」を、ズーーッと立ったまま観ていた。それを咎めない周囲が嬉しかったんですが・・・そのステージでは色んなドラマがあったらしい。後から聞いた話では・・・◇「ヤンチャ」中盤ケーキの場面。スポンジ積木が成功すると、会場から「おー!」と歓声があがる。後ろの方でお母さんと共に観ていた1歳半の女の子が、それに呼応して「おー!」。お母さん曰く、判って言ってたんでしょうかねぇ? ◇大盛り上がりで、笑い声渦巻く会場。横の方でお母さんの胸に顔を埋めている1歳さん。よく見たら、舞台を観ていないのに、笑っている!会場の雰囲気に気分が高揚したんでしょうか? 〜〜〜小さな子は、それなりに観て、そのことで成長してゆくんでしょう。
〈オマケ〉劇場の役員さんの子には何度も出会う。5歳位の男の子、いつも背中に武器を背負って来る。聞くとウルトラマンのアイテムらしい。そして聞いていないのに、将来の夢はウルトラマンだと教えてくれる。更に「でも、まずは空手……じゃなくてカンフーを習う。その方が良いと思うんだ」その計画に感心して、ジイ「うん、その方が良いね」
posted by むすび座メンバー at 12:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする