2017年12月08日

ウサジイの公演日記#690

恵那市のこども園での話、続き。
今年の年長クラスは、15人ほど、全員が女の子!もちろん年少クラス以来同じ状況。で、園長先生曰く「やっぱり男の子って必要なのよねぇ」・・・集団に異性がいないと、クラス運営が難しいらしい。女の子同士譲らず、ギスギスするようだ。昨年の担任は相当参ったという。今年の担任は男性保育士。彼もまた、職員室に来てため息をついていた。
その解決方法が見つかった!それは「遊びに異年齢の男子を混ぜる」一つ年下の男の子を呼んで、一緒に遊ばせる。すると、不満がある場面でも「@@ちゃんは小さいから」と我慢する。一度その経験をすると今度は、同年齢同性同士でも「@@ちゃんを許したなら、今回も許すべき」という理屈ができあがる。
そのクラスの運動会の出し物。前出の男性保育士が「チアリーダー」を提案した。女の子たちは大喜び、やる気満々。練習も楽しくてしようがない。・・・で、園長先生が尋ねた。「競技はどうするの?」・・・担任の答えは、チアリーダーのオーディション。障害物競走をクリアした者だけが、午後の出し物に出演できる仕組み。練習の時には落選も出しながら、本番ではもちろん全員合格。園長先生曰く「練習が楽しくなくては、運動会の意義はない」
posted by むすび座メンバー at 21:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする