2017年10月29日

ウサジイの公演日記#681

「どんどこももんちゃん」大人気の絵本を人形劇にしました。小さな子、保育園の3歳未満の子たちにも受け入れてもらえるよう、優しい舞台にしたいと思い、、、今までのおさんぽ劇場とは一線を画すような、静かでゆったりとした作品を目指したはず。制作中も、ともすれば賑やかになりそうな表現を自制しながら創ったつもり。ところが上演が始まると、賑やかな反応。ま、小さな子たちも喜んでるから、ま、良いか、、、。
◎ももんちゃん登場の場面。後頭部を見せて「桃?」と問い、反転させて顔を見せると・・・「モモタロー!」結構な確率での発言です。◎橋を渡る場面。絵本と違って尺取虫が登場する。会場からは「ヘビだ!」「アオムシだよ!」の論争があり、ももんちゃんに近づくと「キャー!」と叫び声があがる。自分に近づいているイメージなのか、隣の子と抱き合ったりしている。◎クマと相撲をとる場面。運動会が終わったばかりの時期のせいか、応援がすごい。「がんばれ〜、ももんちゃん!」・・・もちろん勝ちますよ。◎お母さんと出会う場面。大団円に、会場にはヨカッタネ感が満ちる。はずが、ある園で「お父さんも紹介して!」・・・残念、作ってありません。
posted by むすび座メンバー at 09:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月28日

ウサジイの公演日記#680

おさんぽ劇場の新作が始まって半月。少しづつ落ち着きつつある最近、「カミナリカレー」の冒頭、おじいさんが蓄音機から流れる音楽を聴きながら、コーヒーを飲んでいる場面。制作時には「レコード盤は言うに及ばず、CDも過去のものになりつつあるから、蓄音機なんて判らないんじゃないかな?」と話していたが、子どもたちにも何となく雰囲気で判るようだ。
音楽が流れ始めると「英語の歌だ!」「おばさんが唄ってる!」確かに唄っているのは、音楽を担当した劇団員・Tちゃん。お姉さんを期待したいところだが、おばさんと言っても不正解ではない。しかし、歌詞は英語ではない。ニューミュージック系をイメージした曲想が、英語感を醸しだしているのだろうか?
やがてジイさんはコップを手に取り、何やら飲み始める。「お茶だ!」「違うよ、コーヒーだよ!」・・・そのあたりは毎度のことだが、先日「新聞は読まないのかなぁ?」なるほど、彼の家の朝の光景は、そんな感じなのでしょう。
posted by むすび座メンバー at 16:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

ぶぶふぉと…浜松

2017101811560000.jpg

城主、「直豚」と申す!
領民は、ぶうぶ様と呼ぶがのぉ・・・。

※浜松市北区・気賀関所にて
posted by むすび座メンバー at 19:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

ウサジイの公演日記#679

おさんぽ劇場の新作ができあがりました。今週初演を迎えたばかり、まだ4ステージ。ドキドキの舞台が続きいています。
「どんどこももんちゃん」ベストセラーの絵本が原作、ご存知の方も多いかと・・・。おさんぽ劇場風に味付けしました。静かでゆったりとした作品にする予定だったんですが、園で上演してみると子どもたちの反応がすごい!それなりに賑やかなステージになってしまった。ま、チョウチョ・カエル・シャクトリムシと子どもたちの好きな仲間が登場するわけで・・・それもそうか。蝶がヒラヒラ飛んで来ると「チョーチョ♪チョーチョ♪」と歌いだす子が続出。尺取虫には「へび!」「違うよ、ミミズだよ!」などと大論争。これからが楽しみです。
「カミナリカレー」おさんぽ劇場メンバー・Cちゃん作のオリジナル。雷の子と爺さんとの触れ合いが描かれます。作中に登場するカレーは、もちろん子どもの大好物。撤収後、給食中の子に「今日のメニューは何?」と聞くと、それには答えず「俺、カミナリカレー食べたい!」それから園長先生に聞いた話・・・観劇後に砂場で遊んでいた子が「はい、カレー!」と一盛りの砂を差し出した。先生が食べて「辛ーい!ビカビカ〜!」と言うと大喜び。その子も食べる真似して「ビカビカ〜!」(・・・カミナリカレーは旨くて辛くて、食べた人の頭からカミナリが出るんです)
posted by むすび座メンバー at 17:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする