2017年07月08日

ウサジイの公演日記#672

旭川の劇場公演。梅雨の時期に爽やかなホッカイドー!と思っていたのに、最高気温は30度超えの毎日。でも、好天を良しとしなければバチが当たるよね。
北海道行きのフェリーは、敦賀か舞鶴発。 名古屋からは遠回りをするわけですが、大洗や新潟に走るのも大変なわけで・・・。名古屋を夕食後に出て、港には10時過ぎに到着。出港は12時頃で、翌日の夜に小樽か苫小牧に着く。ジイ若かりし頃はもう一泊して翌日未明着だったから、船足が速くなったわけだ。今回は小樽着で一泊、翌日170キロほど走って旭川。早めに着きそうだったので、深川で高速を下り、R12を走る。旭川に入ると石狩川に山が迫り、神居古潭という渓谷を成している。ラーメン村で昼食を済ませて、さぁ仕込み。
今回は3日・5ステージの幼児例会。開演に先立ち、進行の方が、劇場に関する想いを述べる。自分の言葉で語られる想いは、旭川の会員でないジイが聞いていても心に響いてくる。興味深いシステムだと思った。・・・幼児例会だから、プレゼント係もそれなりに低年齢。(っていうか、二歳だったり……)いきなり振られても、そう簡単には納得できなかったりする。怖気付く彼らのために、手渡しの練習。練習するうちに仲良くなり、いつもよりリラックスして観劇できたような・・・。当日スタッフを務めることでの成長もあったようです。
posted by むすび座メンバー at 20:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする