2016年12月20日

ウサジイの公演日記#654

故あって「公演日記」を休止しておりましたが、年の瀬になって復活!パワーアップはしませんが、地道に書き続けてゆきます。よろしく・・・です。
さて、長野県南木曽町の保育園公演。この季節の木曽路は雪が心配。前日は高速道路が路面凍結で通行止めになっていたが、当日は暖かく、気持ちよく晴れ渡る。中津川からR19を北上。木曽川の澄んだ水が、文字通り(薄い)水色!美しい!……で、チョット坂道を上った所に小さな園舎。30名程の小規模園だが、毎年お世話になっている。・・・「ぶんぶく」が終わり、幕間の楽器説明。ギターは直ぐに正解が出る。次はアコーディオン。例によって直ぐには答えが返ってこない。しばらくの後、「コシカケ!」・・・?・・・なるほど、形状は椅子に見えないでもない。しかし、演奏していたんですがねぇ。
翌日は、名古屋市内の保育園公演。園児数は150。地域性・規模ともに前日とのギャップが大きい。しかも各自が意見を持っているというか、口々に様々な反応を返してくれる。聞き分けるのが大変!「マリーちゃん」の冒頭、ジイが「マリーちゃんって、どんな子か知ってる?」と聞くと、何人かは「ネコ!」と答える。そんなキャラクターがあるらしい。お芝居が進み、犬と遊んだおばあさんが「そうだ、犬を飼おう!」と言う。すると会場が「えっ?ネコじゃないの?」「ネコだよねぇ」と、ざわつく。最初に誤解を解いておくべきだったかと反省しきり。それでも、未来の飼い犬の名前を考えるおばあさんには、色んな提案をしてくれました。もちろん、マリーって名前も出ました。ありがとう。
posted by むすび座メンバー at 22:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする