2016年06月28日

ウサジイの公演日記#645

「光人形劇フェスティバル」今年で24回を数える、山口県光市の人形劇のお祭りです。数年前の「コリン君」に続き、今年はおさんぽ劇場が参加、上演させていただきました。
にしても山口県は遠かった。伊勢湾岸道〜東名阪道〜新名神〜名神〜中国道、そして山陽道の長いこと!8時間ほどで、会場の光市・島田公民館に到着。入口には七夕飾り、二階への階段にも手作りのボードが飾り付けられている。客席も仮設定されて、「お待ちしてました!」って感じです。搬入も手伝っていただき、仕込みはあっという間に終了。その後、隣の地域づくり支援センターで仕込み中の「人形劇団ののはな」さんにご挨拶。上演時間が重なり拝見できないジイたちのために、チョットだけ見せていただきました。贅沢なステージです。
翌日は、梅雨時だというのに見事な晴天!全体では400を超えるパスポートチケットが出たと言いますから、小さな子を合わせると600近いのでは?おさんぽ劇場も客席は200人を想定して作りましたが、ほぼ満席という状況でした。大小6つほどのステージの他、手作りのコーナー・体験コーナー・各種販売など・・・中庭では地元小学校のオヤジの会が焼きそばを作っている。1日たっぷりと楽しめる仕組みになっています。
全体として細やかな気配りを感じるフェス。それは実行委員会の主体が、光人形劇協議会=女性中心の人形劇サークルだということかな?お昼のスタッフ弁当には菓子袋が付いていたのだが、その袋の中にメッセージカード。「お疲れさまです。午後からもよろしくお願いします。お客さんに笑顔で帰っていただきましょう。」(こんな面倒くさいことは、ジイにはとてもできない) 夜の実委打ち上げにも参加させていただきましたが、既に来年に向けての改善点が話題になる。なんというパワーでしょう!
posted by むすび座メンバー at 11:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

ぶぶふぉと…宮島SA

2016062520440000.jpg

お、お尻が・・・抜けない!
※山陽道のSAにあった巨大けん玉と
posted by むすび座メンバー at 20:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

ウサジイの公演日記#644

「あっ!さっき二階で遊んでた子だ!」市内の幼稚園公演後に職員室で給食をいただいている時、借りた道具を返しに来た男の子が叫んだ。いきなりの発言に驚いたが、その子は確かにこちらに向かって言っていた。二階=遊戯室、遊んでいた=演じていた、というわけだ。「子」というには少々無理を感じるが、仲間として認めてくれたということにしておこう。・・・終演後の退出時に「また遊ぼう!」と言われることは間々ある。楽しかった時間を反芻するかのように……。しかし極めて客観的にこう言われると、やや恥ずかしいモノも・・・。
給食にまつわる話といえば、ちょっと前の園、やはり給食をいただいた。しかも保育室で子ども達と一緒に。楽しくはあるが、四方八方からの発言に聖徳太子よろしく応える技術が必要。当日のメニューにはデザートにヨーグルトが付いていた。普通の白いプレーンヨーグルトというやつです。目の前の女の子が「私、ストロベリーが好き。これはバニラだけど」・・・バニラというのは、バニラのフレーバーがついたモノなのですが・・・。
posted by むすび座メンバー at 21:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月18日

ぶぶふぉと…四日市

2016061809280000.jpg

アッツー!(暑い!)
でも、黒豚にはなりません!!

※人権擁護の取り組みで公演
会場付近のお宅の庭をお借りして…
posted by むすび座メンバー at 23:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月16日

ウサジイの公演日記#643

「今日はね、オニ、来ないんだよ」入場するや否や、女の子が教えてくれる。岐阜県関市の保育園公演です。節分からは随分経っているから、その鬼ではないと思うが……。とにかく、保育室を出る前に先生がそう言ったらしい。・・・彼女としては、それが入場する際の心の拠り所なのだろうが、ジイにとっては無意味な情報。うーん、ジイもオニは怖いのだろうと慮ってくれたのか・・・?
鬼といえば、松阪市の保育園公演。「ぶんぶく」後半、Cちゃんが見せ物小屋の口上師として登場する場面。被り物的な衣装は、上半身がピンク色。そして頭巾とモンペ的な穿き物。和風+ピンクからの発想か?会場から「モモタロウ!」。いやいや桃太郎は、けっして桃色ではないと思うのですが……。そして、子ダヌキぶんぶくが綱渡りを決め、Cちゃんが「日本一!」。すると会場から「モモタロウ!」・・・ハイ、確かに桃太郎は日本一です。
posted by むすび座メンバー at 18:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月11日

ウサジイの公演日記#642

松本市の保育園公演。縁があってむすび座は、毎年幾つかの班が数日にわたって上演している。今年の6月コースは、おさんぽ劇場。「ぶんぶく&マリー」と「ヤンチャ&コンポン」の2セットを車に乗せて中央道を北上!4日間で8ステージ、11園の子ども達に観ていただきました。
「マリー」冒頭、おばあさんが野菜炒めを作ると、「デカッ!」の声。何年も演じてきて初めてのツッコミだが、確かに大きい。丸物のおばあさんと平面に描いただけの料理のバランスを考えての大きさなんだが、確かに両者の大きさはほぼ同じでした。「マリー」後半では、マリーちゃんに対する発言が多発。ドーナッツを食べる度に「食べ過ぎ!」。泣いているマリーにおばあさんがドーナッツをあげる場面では、「ひとつだけだよ!」……これはもう、彼らの日常を反映しているとしか思えません。
「コンポン」では嬉しい報告がありました。そのステージでは、何度か「もう終わり?」の声が聞こえてきたんですが・・・、時間的に長く感じているのか?逆に、終わってほしくないと思っているのか?・・・なんて思っていました。先生の報告では、障害を持つその子は、コンとポンの交際が親にバレそうになると、心配のあまり両手で顔を覆った。その後も指の隙間から舞台を観ている。ずっと心配でしようがないのだ。そして例の「もう終わり?」となった。幸いなことに、狐と狸の父親同士が仲直りをすると、安心したのか笑顔に戻ったとのこと。・・・演技を超越した鑑賞に感謝です。
posted by むすび座メンバー at 10:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月10日

ぶぶふぉと…松本

2016060816370000.jpg

白い花vsピンクの鼻!

※チョット判りにくいんだけど・・・蕎麦畑です
posted by むすび座メンバー at 23:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月05日

ウサジイの公演日記#641

飛騨川に沿うように街が連なる、岐阜県下呂市の幼保公演。市が取りまとめてくださって実現。3日×2ステージ=6会場で、10ヶ園の子ども達が観劇できました。同じ自治体ではあるものの、地域によって子ども達の雰囲気は違う。違ってはいるが、それなりに「山の子」…極端にハッチャケタ子は珍しい。
・・・が、その中でも・・・幕あいのコーナーが終わり、Cちゃんが「もう時間だよ!」ジイが「それでは、次のお話を始めましょう」すると、最前列の子が「はい!」。極めて礼儀正しい返答に、ジイも思わず〈一礼〉なのでした。
「コンポン」中盤・化けっこの場面。ポンが「化けっこしよう!」と提案する。それに応えてコンは「化けっこ?」と反問するのだが、その前に会場から「しようーっ!」と、大きな声が・・・。お芝居にすっかりハマり込んだその子は、コンとポンの遊びをコーディネイトするつもりなのか?まぁ、こちらとしては大変ありがたいのですが・・・。

posted by むすび座メンバー at 23:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする